FC2ブログ

スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

ロスト・バケーション 4K ULTRA HD & ブルーレイセット

ロストバケーション

いずれ買おうと思いつつ、保留にしていたロスト・バケーションの4K+BDセット。
先日まで5000円台をうろうろしていましたが、3000円台に値下がりしたので購入しました。

裏面はこんな感じ。
ロストバケーション02

『JAWS/ジョーズ以来の“超A級”サメ映画』がキャッチコピーのこの映画。
その謳い文句に偽りはなく、かなり良質なサメ映画だと思います。

JAWSの一作目は本当に凄いですね。
ハリボテ感が強いのに、不思議とチープに感じません。
今見ても十分に怖いです。

でも、どうしてなんでしょう。
JAWSのインパクトって相当強かったと思うのですが、なぜか業界の人はその路線を捨て、
サメ映画をネタ化し、笑いの方に舵をとり続けています。

・シャークトパス(サメとタコのフュージョンもの)
・シャークネードシリーズ(巨大竜巻に巻き上げられたサメが人々を襲う)
・ダブルヘッドジョーズ(双頭のサメが暴れる)
・ビーチシャーク(砂の中をサメが泳ぐ)
・アイスシャーク(雪原をサメが泳ぐ)
・メガシャークシリーズ(巨大サメVS〇〇の攻防を描く怪獣映画)
etc‥‥‥

最近では、サメ映画=頭を空っぽにしてゲラゲラ笑いながら見るもの、
という悲しいレッテルが貼られていますが、私はやっぱりリアル路線が好きです。

最新CGを駆使すれば本物と見分けがつかないサメをも生み出せる現代で、
どうしていつまで経っても本格サメ映画が生まれないのか‥‥‥。
ここ数年で及第点と思えるサメ映画は、パニック・マーケットくらい‥‥‥。
なかば諦めかけていた私の前に颯爽と現れた、ロスト・バケーション。

いやぁ~、本当にJAWSと肩を並べられるサメ映画がようやく現れた感じです。
海の美しさ。序盤に現れるクジラの死体の不気味さ。本物感が凄いサメのCG。
そしてシンプルな設定なのに最後まで緊張感が持続する、脚本・演出の巧みさ。

最後のオチは強引な気もしましたが、80~90点くらいはつけてもいいサメ映画。

サメ映画好きなら、手元に置いておくべき一本だと思います。

 映画

0 Comments

Leave a comment