スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

アナトミーフィギュアを再撮

AnatomyTools_40

活用中のアナトミーフィギュアを改めて撮影しました。
レビュー記事の写真は、ライティングを気にしない記録写真に近いものでしたが、
今回は、デッサンモデルの基本(綺麗に立体感が出るように、左上から照明を当てる)
を守って撮影したものです。

※今回も、人体模型的な筋肉が満載ですので、
 苦手な方は、引き返してください。


なんとなしに、脚の付け根を接写。
AnatomyTools_39

足の筋肉。
AnatomyTools_38

最近は、頭部だけを外し、石膏モデルの代役も務めさせています。
AnatomyTools_41

1/3サイズなので、頭部だけでもそれなりの大きさがあります。
石膏像(首像)の代役が十分務まるレベル。
AnatomyTools_42

側頭部。
AnatomyTools_43

後頭部。
AnatomyTools_44

筋肉側の側頭部。
AnatomyTools_45

斜めから。
AnatomyTools_46

皮膚あり側。
AnatomyTools_47

おまけで、もう一枚。
陰影の付き方で、悲しんでいるように見えます……。
AnatomyTools_48

商品の説明文に、全身の彩色はマットグレーと表記されていたので、
もう少し柔らかく光を反射するのかと思っていましたが、実際は結構テカリます。

 フィギュア

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/22 (Tue) 13:06 | REPLY |   

スギケン  

シリアルナンバーに関して

申し訳ありません。
新規のコメントがあるかないかに関しては、TOPページにある「最近のコメント」でしか確認していなかったので、今日まで質問の存在に気付きませんでした。

もう解決なさっているかもしれませんが、念のためにお答えします。

確認しましたが、私が購入したモデルにも台座の下にシリアルナンバーはありませんでした。

うろ覚えで正確ではありませんが、以前私も調べたことがあり、
結論としては、アナトミーツールズ社の製品でも、「ある商品とない商品がある」という話だったように記憶しています。
その区分がサイズなのか製造年なのか、それとも別の要因なのかは忘れました。
間違っていたら、すみません。

2017/09/18 (Mon) 02:41 | REPLY |   

ショウ  

ありがとうございます。

そういう事だったんですね。
解決しましたv-7

わざわざありがとうございます。

2017/09/19 (Tue) 10:49 | REPLY |   

スギケン  

どういたしまして。

ショウさん>>
いえいえ、どういたしまして。(^^)

2017/09/19 (Tue) 23:23 | REPLY |   

Leave a comment