ダークソウル3 ザ リングド シティ(THE RINGED CITY) 攻略 その16 

2017, 04. 16 (Sun) 02:40

ダークソウル3追加11

泣けた。

まさか、ダークソウル3で最後に泣けるとは思わなかった。
ゲール爺。私は、あなたという人間を誤解していた。
第2形態に移る前に流れるムービーを見て戸惑い、
入手したアイテムのフレーバーテキストを読んで真意を理解したら、
胸に込み上げるものがあった。


絵画世界とお嬢様を想い、ただ忠義を尽くす漢、ゲール。
ダークソウル3追加05

ラスボスとして名前が挙がっていたからといって、
『こいつ……、実は私利私欲の為に暗躍していたんだな』

などと一瞬でも思った自分が恥ずかしい……。
ダークソウル3追加12

私が放ったソウルの結晶槍に何度も身を焼かれ、額から血を流し、
地に伏すゲール。
ダークソウル3追加06

滴り落ちた彼の血は、かつての紅ではなく、暗黒の闇色に染まっていた。
ダークソウル3追加07

暗い魂の血を求めた彼がこの地に辿り着いた時、
小人の王達の血は、とうの昔に枯れ果てていた。

だからゲールは、王達が持つ暗い魂をひたすら喰らった。
己の血を、顔料となる暗い魂の血に変えるために……。

二度と故郷に戻れないことを承知で、
アリアンデルとお嬢様の為に、彼はその身を犠牲にした。
ダークソウル3追加08

忠臣ゲール……。
私はあなたのように、義に生きる漢にめっぽう弱いのだ。
くそぅ、闘いたくない! あなたとは殺り合いたくないぞ!

……敵対しないと私が殺る気にならないと分かっているから、
あなたは向かってくるのだろう。
そして、私を運び屋に仕立て上げたいのだ。

なんという残酷な筋書き。
最後の最後で、こんな悲しい戦闘が待っているとは。
ああ……、涙で視界が歪む……。
あなたの姿が滲んで、判然としない……。
ダークソウル3追加09

……分かったよ、ゲール。
あなたの血は、もうすっかり暗い魂に染まっている。
それをお嬢様に届ければいいんだろう。

チクショウが。やってやらぁ!
ダークソウル3追加10

ゲール爺のソウルと、暗い魂の血をゲット……。
THE RINGED CITY359

フレーバーテキスト。
読むと、彼の背景が分かります。
THE RINGED CITY360
THE RINGED CITY361

ゲール爺も強いボスでした。
でも、その前に極悪難易度のミディールと戦っていたので、
あの地獄に比べれば全然マシ……。
リベンジの際に、まだ希望が持てましたよ。

当初は回避のタイミングが掴みづらくて苦戦しました。
防御力が高い装備で固めても倒せない……。
なので、逆転の発想で極力軽い装備に切り替え、
回避性能を高くしたら被弾の頻度が減り、上手く立ち回ることができました。

砂丘の段差を利用するのもポイントです。
第三形態で暴れまわるようになっても、砂丘の段差を上手く使うことで
砂丘自体を盾替わりにすることができます。

あとは、ひたすら距離をとりながら結晶槍を撃つ。これで勝てました。
THE RINGED CITY362

戦闘の際に、あまりにも動きすぎてしまい、
どこに篝火があるのか分からなくなりました……。

で、ようやく発見↓
THE RINGED CITY364

篝火ボッ。
THE RINGED CITY365

ゲール爺のソウルで錬成できる武器は、この2つです。

〇ゲールの大剣
THE RINGED CITY366

〇連射クロスボウ
THE RINGED CITY367

他の篝火に飛ぶと、輪の都は平穏そのもの。
どうやら異変が起きたのは、フィリアノールの寝所だけのようです。
ちなみに、こちら側から昇降機を使って寝所へ行くと、寝所は綺麗なままで、
フィリアノールだけが不在の状態になっています。

ラスボスを倒したので、輪の都に変化がないかを確認しました。
これは最初の篝火の近く。
「偽りの眠りを壊せ」、と言っていたNPCはいなくなっていました。
THE RINGED CITY368

続いて、吹き溜まり。
THE RINGED CITY369

到着早々、不気味な唸り声が聞こえたので、ビックリ。
恐る恐る進むと、例の天使がここにも湧いていました……。
THE RINGED CITY370

到着と同時に、アイテム販売をしてくれたお婆さんが、ガクリと倒れ込みました。
近寄って確認すると、お亡くなりに……。
THE RINGED CITY371

遺灰をゲット。
THE RINGED CITY372

ロックオンできたので、天使を攻撃してみました。
でも、当たりません。
結晶槍はすり抜け、天使は悠々と飛び続けています。
THE RINGED CITY373

距離が遠いのかもしれないので、下に降りて雑魚を一掃し、
再び挑戦。
THE RINGED CITY374

ハーラルドの騎士がいた場所から撃ってみましたが、それでも当たらないですね。
こいつを撃墜するのは不可能みたいです。
THE RINGED CITY375

ホカホカの遺灰を渡すと、殻被りの婆さんが売っていたアイテムを引き継げます。
新たに増えたアイテムはありませんでした。
THE RINGED CITY376

運び屋の使命を果たすため、最後に絵画世界へ。
THE RINGED CITY377

階段を上ると……、
THE RINGED CITY378

顔料を心待ちにしているお嬢様が。
THE RINGED CITY379

手を広げるポーズが可愛い……。
お嬢様に、暗い魂の血を渡しました。
THE RINGED CITY380

「新たな絵画世界の名前は、あなたの名前にしたい」、と言われ、
名前を尋ねられましたが、心情としては、あそこまで頑張った
ゲール爺の名前を使ってほしい……。

ですので、名前はない、を選びました。
THE RINGED CITY381

貴方も同じ……?
THE RINGED CITY382

……お嬢様は、灰の名前を付けるそうです。
THE RINGED CITY383

この一言で、益々泣けた……。
お嬢……、ゲール爺は頑張ったよ。
THE RINGED CITY384

コメント

コメントの投稿

非公開コメント