スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

ダークソウル3 ザ リングド シティ(THE RINGED CITY) 攻略 その15

THE RINGED CITY326

いよいよ、王女フィリアノールを起こす時がきました。

気持ちよさそうに眠っているので、起こすのは躊躇われるのですが、
起こさないと物語が進まないので、心を鬼にして起こします。

それにしても、この殻の中身ってなんなんでしょう。
ヒントがなさすぎて、さっぱり分かりません。
眠っている間に割れたのか。それとも最初から割れた卵を抱いていたのか……。

こうして間近で見ると、目元が少し怖いですね。
頬まで伸びた植物の根のようなものが、グロテスク……。
THE RINGED CITY327

『抱かれた殻に触れる』

触れるよ。触れるよ。触れるよ。
THE RINGED CITY328

触れちゃった……。
THE RINGED CITY329

かろうじて原型を留めていた卵の殻が粉々に。
THE RINGED CITY330

……起きた。
THE RINGED CITY335

さぁ、どうなる。
THE RINGED CITY336

卵の中身が光った。
THE RINGED CITY337

えーーっ!
一瞬にして干からびた!!

THE RINGED CITY338

輪の都全体が、とんでもないことに。
THE RINGED CITY339

いやぁ、びっくりした。
篝火を灯さずに、暫く呆けてしまいました。

これはアレかな。
一瞬にして数千年分の時間が流れた、的な描写なのでしょうか?

物凄い速度で時間が流れても、不死の主人公はが死なず、
フィリアノールだけがミイラ化したということ?

……訳が分かりません。
THE RINGED CITY341

とりあえず、篝火ボッ。
THE RINGED CITY342

ついさっき乗ってきた昇降機も、砂の中に沈んでいます。
THE RINGED CITY343

雲間から滲み出す淡い光が幻想的……。
THE RINGED CITY344

これは一体、どこまで続いているんでしょう。
THE RINGED CITY345

……凄い。
THE RINGED CITY346

やばい。
こうした風景って大好きなんですよ。
朽ちた建造物と砂丘って最高の組み合わせですよね。
THE RINGED CITY340

あまりにも好きすぎてしまい、
体育座りのまま、風景と風の音を堪能しました。
こんなことをしているのは、私だけ……?
THE RINGED CITY347

たっぷりと満喫してから出発。
THE RINGED CITY348

想像以上に広い。
意外にどこまでも行ける。
THE RINGED CITY349

終焉を迎えた世界。
THE RINGED CITY350

あれ、なんか遠くで動いていますよ。
THE RINGED CITY351

「赤頭巾が、我らを喰らう」
ネタバレを見ていなければ、このセリフを聞いて、ざわざわしたと思うのですが、
あの方がラスボスと知っているので、緊張が半減……。
どうして見てしまったんだ、あの日の私……。
THE RINGED CITY352

物凄く遅い速度で這い進んでる……。
フィリアノールに助けを求めていますが、
もう干からびちゃってるんだよね……彼女。
すみません……犯人は私です。OTZ
THE RINGED CITY353

老人(?)が這いずってきた跡を辿ります。
THE RINGED CITY354

瓦礫を越えるとムービーがはじまりました。
さっきの老人と似たような外見の人達が、
死体となって、あちこちに転がっています。

最後の生存者が、砂丘の奥から這い上がってくる……。
THE RINGED CITY355

砂丘の奥を覗くと、息を切らしたゲール爺の姿が。
めっちゃ細い体型だったのに、フリーデやデーモン戦で共闘した時とは、
明らかに体格が違う……。

ここで暗い魂を、ひたすら喰らってた?
あれから数千年も? (数千年というのは勝手な想像ですが、とにかく物凄く長い期間)
その反動による肉体変化?

ゲール爺がラスボスというのは知っていたんですが、
どういったイベントなのかは知らなかったんですよね。
THE RINGED CITY356

「お嬢様の画のために?」
……ということは、あの話は嘘ではなかったのか。

ラスボスと知ってからというもの、
「くそ……、仲間だと思っていたのに。お前、本当は腹黒爺さんだったんだな。
そういえば思い当たる節がある。アリアンデルの絵画世界に私を転送した後、
深みの聖堂で、なにかを企んでいるようなエグイ高笑いをしていたもんなぁ」
……とか思っていたんですが、なんだこの流れ。
本当にお嬢様の為に顔料が欲しかっただけ……?
THE RINGED CITY357

うっわ……、なんか強そうだ。
もはや、私が知っているゲール爺ではないですね。
どんなにえげつないボスになってるんでしょう。

ダクソシリーズの最後を務めるボスだからなぁ……。
緊張が高まります。
THE RINGED CITY358

 ゲーム

0 Comments

Leave a comment