スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

ダークソウル3 ザ リングド シティ(THE RINGED CITY) 攻略 その7

THE RINGED CITY160

第3の篝火を拠点にして沼地の探索をはじめたのですが、
この沼、めっちゃ広いですね。この時点ですでにアリアンデルの絵画世界と
面積的に同じくらいのボリュームな気もするのですが、THE RINGED CITYは、
まだまだ続きます。
予想では、おそらく三分の二程度ではないかと。

沼地にあるアイテムをすべて回収することが、今回の目標です。

第3の篝火を灯してから最初に拾ったアイテムが、こちら。
説教者の白面……。
ん……、今思ったけれど、顔に見えたのは仮面で、実際の顔は
その下にある、ということなのか……?
THE RINGED CITY161

沼地の端まで来たら、横たわるハーラルド戦士を大量に発見。
まじか……。とてもじゃないが、一度にこんな数は相手にできんぞ。
……そんなことを考えていましたが、単なる残骸でした。
THE RINGED CITY163

しかし、その奥からどこかで見たような影が……。
THE RINGED CITY164

これは、思わず笑ってしまいました。
やりすぎだろ……。
本編後半のボスが通常フィールドにいるって、どういうことよ!

ガクブルしながら挑みましたが、ボス部屋よりも広いから回避は楽ですし、
雑魚用に強さが抑えられてるっぽいので、それほど苦労せずに倒せました。
THE RINGED CITY165

そして……。
キターーーーーッ!!

どうして入手できないの、とずっと思っていた竜狩り装備一式!
それがDLC第2弾でついに、……ついに実装!
THE RINGED CITY166

竜狩りが出現した地点から篝火方面に戻ったら、塔の周囲で祈ってる昆虫が数匹いました。
倒して中に入ったら、これが置いてありました。
THE RINGED CITY167

いつの間にか拾っていた、輪の騎士の直剣。
THE RINGED CITY168

白木の弓。
THE RINGED CITY169

喋る昆虫がまた現れました。
相変わらず意味不明なことを言っています。
ネットを探せば、考察好きな方の意見が載っていると思いますので、
クリア後に調べてみようと思います。
THE RINGED CITY162

輪の騎士が巡回する建物の奥から次のエリアに行けそうなのですが、
坂の上に黒い影が見えました。あれってドラゴン?
ということは、シラが倒してほしいと言っていた古い竜の末裔ミディールってこいつか。
THE RINGED CITY171

火を吐いて妨害しそうだなぁ、と思っていたら、
やっぱり吐きました。
道に残った火には暫くダメージ判定があるので、なかなか進めません。
この調子じゃ、とても坂の上まではもたない……。
きっと他のルートがあるに違いない……。
THE RINGED CITY172

橋の下で、竜首の大盾をゲット。
THE RINGED CITY173

未強化のパラメはこんな感じでした。
THE RINGED CITY174

ひと回りしたら、第3の篝火に繋がるショートカットが開通しました。
THE RINGED CITY170

ここからは、今回拾ったものの紹介です。

輪の騎士の直剣。
THE RINGED CITY179

戦技ボタンを押すと、刀身が炎に包まれます。
戦技は輪の騎士が使っていた技の簡易版。
THE RINGED CITY180

白木の弓。
THE RINGED CITY182

教会守りの薄刃。
何度でも使える飛び道具。
THE RINGED CITY181

竜首の大盾。
この見た目で大盾だと、かなり迫力がありますね。
THE RINGED CITY177

戦技を使うと巨大な竜の幻影が吠えます。
THE RINGED CITY178

黒魔女のベール。
黒魔女シリーズには、被り物だけ別バージョンがあったみたいです。
THE RINGED CITY175

こちらを被ると、大胆に開けていた背中が隠れます。
THE RINGED CITY176

竜狩りシリーズ。
やっぱり、この大盾には竜狩りの防具が一番似合いますね。
一周目なので、大盾しか所持していないのが残念。
一式揃った状態を見たかった。
THE RINGED CITY183

説教者の白面。
THE RINGED CITY184

…………。
THE RINGED CITY186

顔、でかっ!
そして、こわっ!


これは……、たぶん二度と被らない。
THE RINGED CITY185

 ゲーム

0 Comments

Leave a comment