スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

DDライダー/アルトリア・ペンドラゴンが当選

DDライダー_アルトリア・ペンドラゴン

「抽選に参加して運試ししてみる」、と宣言していたサンタオルタですが、
発表初日に当選メールが来ました。

自分を卑下するわけではありませんが、私は相当運が悪いです。
抽選系では当たった試しがなく、ドルパがくじ引きの時代にはお迎え不可能な番号ばかり引いていました。
そんな私が激戦だった1st亜美や水銀燈をお迎えできたのは、すべてくじ運が強い友人のおかげです。

今回のサンタオルタはドルパ会場で受注扱いだったドールです。
だから抽選とは名ばかりで、欲しい人のほとんどに行き渡る枠を設けていたのかもしれません。
なにせ私が当選するくらいですからね。(苦笑)

でもね……、
最近の私って、そそっかしいというか、抜けているんですよ。

このサンタオルタ、セミホワイトになったと勝手に勘違いしておりました。
当選後に改めて調べてみたら、以前と変わらず真っ白なホワイト肌。

ホワイト肌!!?

一瞬、固まる私。

ホワイト肌は、ニア姫様やマロンちゃんで懲りております。
ホワイト肌の子は、もうお迎えしないと決めておりました。

ドール肌って時間が経つほど、日焼け? 経年劣化? で、赤味が薄く感じるようになります。
ノーマル肌は全体の色が濃いのであまり気にならず、新参者と並べたときに、
「ちょっと褐色気味になった?」と思える程度の違いにしか感じません。
セミホワイトは赤味が幾分か強いので、まぁなんとか……。
ホワイト肌は僅かな色の要素で成り立っているので、ちょっとした変化がとても目立ちます。
全体的に退色すれば白に近づくだけなのですが、黄色よりも赤が弱くなり、
僅かに緑がかった死人色になります。

まさにダークソウル3ですよ。
時間をかけて自分なりに丹精込めてキャラメイクした戦士が、
呪い値15を超えると亡者化してしまい、その変貌にがっかりしてしまう、というアレです。

ホワイト肌って、とても綺麗なんですよ。
透き通るような白い肌に、ほんのり赤味が乗ってて。
最初だけなら一番好きかもしれない。
問題なのは、他の肌に比べてあまりにも変化が大きいということ。
ある意味、とても人間的なのかな。
老いを具現化しているというね……。

世間的には気にしない人の方が多いのかもしれませんが、
私は気になっちゃう方でして……。
当選したにも関わらず、ぐんにょりした気持ちになっちゃいました……。
悩んで支払いを躊躇っていたら今日となり、
追い打ちをかけるようにボークスから催促のメールが……。

「期限が迫っているから、早く払って」、と。

まぁ……、ホワイト肌であることがDDオルタの魅力に繋がっている気もしますし、
ずっと気になり、いつかはお迎えしたいと思っていたDDオルタ。
ドール者としての初心にかえり、「迷ったらお迎えしておけ」、の精神でいった方がいいのでしょう。
キャンセル不可商品なので、迷ったところで仕方ないんですけどね……。
バックレたら、ペナルティとして今後の取引制限とか受けそうですし……。
これで後々、DDオルタのセミホワイトverなんて発表されたら、泣いちゃいますけどね。w
だって……、
亜美さんだって4回も再販されたんだから、オルタの4度目もありえなくはないでしょう。
ミクなんてもう、何回売った? って感じですし……。


さて……。
届いていたボークスニュース最新号の感想を、ついでに書きたいと思います。

ボークスニュース72

端正な顔立ちだとは思いますが、男の子ドールをお迎えする余裕はないのでSDはスルーです。

新作DDは……。
うん……、全然知らない子ですし、繊細に仕上げたアイラインが、
却って眼力の弱さに繋がっている気がするので、これもスルーの方向で。

ドレスも特に気になるものはありませんでした。
ミクのドレスは出来がいいと思いますけれど、
デザイン自体がツボにはまりませんでした。
2016verだったら迷わず逝ってたかもしれません。あのデザインは非常に好みだったので。

なんというか……、
全体的にぐんにょりした記事になってしまい、申し訳ありません。(苦笑)
なにより、こんな気持ちでお迎えするサンタオルタに申し訳なく思います……。OTZ

 ドール

0 Comments

Leave a comment