スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

ドルパなのにハトシ

今日はHTドルパ京都13の開催日でしたね。

DD狙いの人にとっては平和なドルパになったのかもしれませんが、
その代わりにディーラー巡りや歓談・撮影を楽しめたのではないでしょうか。
個人的には今回から導入された新制度、エクスパスの影響に興味があります。

HTドルパ。たまには行こうかなぁ、と思うときもあるんですけどね……。
京都とか遠すぎですよ。
とはいえ一度は里に顔を出してフルチョしたいな……という願望はあります。(^^;)
今回のニュースに載っていたSDM-F33なんて、めちゃ好みなんですよ。
あれのSDサイズがあったらなぁ、なんて写真を見ながら妄想していました。

さて……
イベント参加組の皆様は楽しさの余韻と疲れを同時に味わっている頃だと思いますが、
うちはいつも通り新鮮味のないネタです。
しかも当ブログにしては珍しいグルメ記事。
生粋のドール者なのに、ドールの祭典の日にグルメ記事とかね。
我ながらまったく意味不明ですよ……。

ハトシサンド

某スーパーで九州フェアをやっていたんです。
開催を告げる折込チラシをしげしげと眺めていた私の目に飛び込んできたのが
このハトシサンドでした。
見た目は海老のすり身みたいなものを挟んだサンドイッチ。
しかし名称がハトシ。ハトシ。ハトシ。
……ハトシってなに? と疑問に思った時点で私の負けでした。
ネーミングセンスいいよね。

さっそく「ハトシ」で検索。
するとwikipediaがすかさず答えてくれました。

「ハトシ(広東語 蝦多士、ha1do1si2、英語 shrimp toast)は、
主に東南アジアや日本の長崎で食べられている。
食パンの間にエビなどのすり身をはさんで、油で揚げた料理」


困ったときのwikipedia。今回も大活躍です。
ついでにハトシサンド自体の評判も調べてみたら、中々好評らしい。
これもなにかの縁。ここまで気になったら食べないわけにはいかないでしょう。
で、車を走らせて買ってきたわけです。


違う角度から。
ラベルに「えびたっぷり」と印刷されていますね。
えびのプリプリ感が頭に浮かび、期待値が高まります。
ハトシサンド02

寄ってみました。
綺麗な断面です。
表面をカラッと揚げたパンにえびのすり身が挟まれています。
ハトシサンド03

えび以外になにを使っているのかが気になって成分表を見たら
タラが混ざっていました。
ハトシサンド04

そのまま食べるのではなく、レンジで一分ほど温め、トースターで二分加熱しました。
そうすると、より美味しくなるそうです。
実食した感想ですが、
すり身がプリプリしていて美味しかったです。
えびの風味はそれほど強くありません。
分かりやすくいうと、ちくわを揚げパンに挟んだような感じでしょうか。
機会があったら、また食べてもいいかなと思える美味しさでした。

くまモンがプリントされたデコポンクリームも一緒に買いました。
こちらはまだ食べていません。
今夜はお腹が一杯なので無理。
明日以降の楽しみとして残しました。
デコポンクリーム

 雑記

0 Comments

Leave a comment