スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

ハリーポッターと死の秘宝 PART2

約一ヶ月ぶりの更新・・・。
めっちゃ放置していました。(^^;)
なんというか、特に書くネタも無かったので。

今回は、映画の話。

ハリーポッターと死の秘宝 PART2を見てきました。
地元の映画館では3D版しか上映していなかったので、
3Dの日本語版をチョイス。

ハリー

噂だと、3Dの表現があまり効果的には出ていない映画みたい
なので2Dでも良いかなと思ったんですが、上記の状況なので、
選択の余地はありませんでした。

以下、感想を書いてみたいと思いますが軽くネタバレが
含まれていますのでご注意ください。
結論から言うと、とても面白かったです。

10年続いたシリーズの完結編に相応しい内容でした。

特に、ホグワーツを舞台にした篭城戦に入るあたりからは
俄然盛り上がりましたね。

終始緊迫した展開が続きますが、その中にもハリーポッターらしい
魔法の仕掛けや、わくわくする様なギミックも織り交ぜられていて、
やっぱりこの原作者のイマジネーションって凄いなぁ・・・と
思いました。

最後の戦いで、ヴォルデモートが、あれほど大事に身近に
置いて守っていた蛇を、なんで自分の側から
離れさせちゃうんだろう・・・と、そこは少し疑問でしたが、
大きく広げた風呂敷を綺麗に畳んでいたんじゃないかと。

第三者が見ると、展開が不自然に感じたり、人物の行動が
おかしい部分とか、長いシリーズであればあるほど
目立ってくるものなんですが、このシリーズでは
そういった違和感はあまり感じませんでした。

何気にこれって凄い事だなぁと思います。

このシリーズが好きな方は、是非フィナーレは映画館で・・・
と思える、綺麗な締め方だったと思います。

肝心のアクションシーンや魔法での戦いも、最終章らしく
迫力がありましたね。


最後に3Dで観た感想ですが、あまり3Dっぽさは感じませんでした。
「お・・・」と思ったのは、ドラゴンが首を振り回すシーンと、
最後にヴォルデモートが塵になって飛び散るシーンくらいかな。

特に2Dで観ても問題ない映画ですね。

3Dだと料金が上がりますので、それほど拘らない人は2Dで
十分だと思います。

始まる前に色んな3D映画の予告が流れましたが、三銃士とか
ハッピーフィート2は、えらい飛び出して見えましたね。w

ちなみに自分が見たのはフォーラムで、3Dシステムは、
マスターイメージ3Dです。
別売りの3Dメガネは、クリップタイプを購入。
メガネに取り付けた感じも邪魔にならず良好でした。

過去に観た3D映画では、
ワーナーマイカルで観たベオウルフがありますが、
ワーナーマイカルは、RealD方式。

記憶を頼りに比べると、なんとなく今回のハリーポッターの
方が観やすかった様な気もしますが、同じ映画で比べた
訳ではありませんので、分かりません。

なんとなくベオウルフは、観ていて妙に目が
疲れた気がするんですよね。

ネットで調べると劇場の3D方式ではIMAX3Dが一番
好評みたいなのですが、システム導入館が少なく当然
私の地元の映画館には導入館が無いので観れません。(^^;)

 映画

2 Comments

みにゃにゃ  

No title

最近映画観てないわ~
最後に見たのはマクロスFな気がします

最近3DTVが欲しくなった
べつに3D映画が観たいわけではなく
ゲーム目的で
初音ミクドリーミーシアター2が3D対応なんだけど
結構凄かった
存在感が半端ない
目の前までミクが来ますよw

2011/09/11 (Sun) 21:13 | REPLY |   

スギケン  

No title

みにゃさん、こんばんは。

3Dテレビ。
3D映画を観ていたら欲しくなりましたね。

今まで見かけた3Dは、ちょっと平面的で、どちらかというと
2Dの絵に対して背景が凹んで見える印象でしたが、
3Dも作品によっては、めっちゃ飛び出して見えますね。

これなら欲しいかも、と思っちゃいました。

2011/09/13 (Tue) 19:59 | REPLY |   

Leave a comment