マロンちゃん ジブリ展に行く (前編) 

2011, 06. 26 (Sun) 00:06

とある休日。

以前から興味があったスタジオジブリ・レイアウト展に行ってみる事にしました。

マロン131

そうだ・・・折角だからマロンちゃんを誘ってみよう。
この前見せてあげた天空の城ラピュタを、それはもう楽しそうに見ていたので、
きっと喜ぶのです。(^^)

※今回は、完全にドールネタです。写真の他にもドールとの会話を交えた
 ぷちコントも掲載しております。
 そういったものに嫌悪感を抱かれる方はお戻りくださいませ。



ガチャッ・・・


あ・・・まだ眠ってますね。
ふふ、悪戯心が芽生えてしまったのです。
ちょっと驚かせてみるのです。(≧υ≦)
(あ・・やばいやばい、最近マロンちゃんとずっと話ていたら
口調が移ってしまったのです。w)


マロン「くーーー・・・むにゃ、むにゃ・・なのです~・・・。」
マロン139

ツンツン・・

マロン「うぅ・・・駄目なのです・・・流石にもうモンブランといえども
    入らないのです・・・。」

マロン132

スギケン(なにやら幸せような夢を見ている様ですね・・・。)


スギケン(ふふふ・・・では、こうやって)
↑風船を膨らませてマロンちゃんの耳元に置いた。


スギケン(せ~の)


パンッ!!!!


マロン「なのですっっ!!」
ビクゥッ!!!
マロン141

スギケン(驚いても、その口調なのですね・・・(^^;))

マロン「うわ、うわ、うわ・・・な、何か凄く大きな音がしたのです!」
マロン140

マロン「あれ・・・スギケンさん、なにやら準備万端って雰囲気ですが、
    どこかにお出掛けなのですか?」

マロン138

スギケン「スタジオジブリ・レイアウト展を見に行こうと思いまして。」

マロン「れいあうと展?・・・それは一体どのようなものなのですか?」
マロン137

スギケン「ジブリというのは、この間
     見せた天空の城ラピュタを制作した会社なのです。
     レイアウトというのは、簡単に言えば作品を作るにあたっての
     設計図みたいなものです。」

マロン「おぉ~、それは凄いのです!
    面白そうなのです。(^^)
    ・・・では留守番はボクが、きっちりしておきますので、
    どうぞ楽しんできてください。」

マロン133

スギケン「何を言っているのですか。
     今日はマロンちゃんも一緒に行くのです。
     さ、さ、準備してください。」

マロン「え! よろしいのですか!?」

マロン「・・・・・・・・・・・。」

マロン「で・・でも、ボクは怪しげなエルフっ子ですし・・・。」
マロン136

スギケン(あ・・・初めて登場した時に私にすぐエルフっ子な事を
     見破られてしまったから、人前に出る事に自信を
     無くしているのですね・・・(^^;))

スギケン「大丈夫ですよ。みんな展示されているレイアウトに夢中で
     マロンちゃんの耳に気づく人なんて、きっといないのです。」


マロン「そ・・そうでしょうか・・。
    それにしても・・・水着では目立ってしまうのです・・・。
    別な洋服に着替えませんと・・・。」

マロン135

スギケン「大丈夫ですよ。みんな展示されているレイアウトに夢中で
     マロンちゃんの可愛い水着に気づく人なんて、きっといないのです。」


マロン「き、気付くのです!
    流石にっ!!(^^;)」

マロン134

スギケン「うわ、マロンちゃんに突っ込まれた。(苦笑)」



といったわけで、急遽ジブリ展に行く事になった二人。
明日の記事では、マロンちゃんと私の簡単な感想をUPします。(^^)

(あ・・・実際にはマロンちゃんを連れていってはいません・・・。
美術館の中では撮影出来ませんし、流石にちょっと厳しいので・・・。
あくまでコント設定です。w)


つづく

コメント

コメントの投稿

非公開コメント