スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

マロンちゃんPSPにハマる

最近、余震の方も少し落ち着いてきましたので、
一人だけ避難所から出してあげる事にしました。

一人くらいなら、いざという時でも何とか助けられるかな・・・と。(^^;)

なぜマロンちゃんかというと、一番出しやすい場所にあったという事と、個人的に
お気に入りだから・・・の2点です。

久しぶりに顔合わせしましたが、やっぱりこの子は可愛い!!(≧υ≦)ノ
はぁぁぁ・・・・・癒される・・・癒されるよぅ・・・。
これなんだよ、やっぱりね。
ドーラーにドールのいない生活を約2ヶ月って・・・なんて酷い罰ゲームか。OTZ

マロン77

はぁぁぁぁぁああ・・・・力が湧いてきた!!
もう忘れかけてたよ、この癒される感覚。w 

さて・・・戻ってきたマロンちゃんでしたが、おや・・・なにかに熱中しているようですよ?
一体何に夢中になっているのでしょう・・・。


スギケン「マロンちゃん、どうしたのです。何かに夢中になっている様ですが。(^^)」

マロン「あ! スギケンさん、お久しぶりなのです。(≧υ≦)ノ
    なんといいますか・・・もう随分長い事、暗い箱の中に
    閉じ込められていましたので、少しトラウマになりそうでしたが・・・
    もう平気なのです。」

マロン78

スギケン「すみませんでした・・・。しかし状況が状況だけに仕方なかったのですよ・・・。(^^;)
     他の皆さんには、いまだに入ってもらっていますし・・・。OTZ」

マロン「う~ん・・・・人間界も大変なのですね・・・。(´・ω・`)」

スギケン「帰り損ねたとはいえ、折角人間界で暮らす事になったのに、ホントごめんね・・
     こんな事になっちゃって。」

マロン「いえ、スギケンさんのせいではありませんので気になさる事はありません。
    困った時はお互い様なのです。僕も出来る限りのお手伝いはさせて
    頂きますので・・・」


スギケン「うぅ・・・ありがとう、マロンちゃん・・・。(ノД`)
     ・・・ところで、それは一体・・・。」


マロン「あぁ・・・これはルネさんにお借りしたPSPなのです。」
マロン79

マロン「今は、ラジアントヒストリアというゲームをプレイ中なのです。
    この作品、めっちゃ面白いのですよ。
    もう時間が経つのも忘れてひたすらプレイしてしまいました。」

マロン82

マロン「もう、激ハマリ
    なのですっっ!!(≧υ≦)ノ」

マロン76

スギケン「そうだったのですか。そのソフトなら私も持っていますよ。
     確かに私も激ハマリした記憶があります。(^^)」


マロン「面白くて止まらないのですよ~♪(^^)」

スギケン「・・・・・・・・・。(^^;)」

スギケン「あれ・・・? そういえばラジアントヒストリアって
     DSのソフトじゃありませんでしたっけ?」


マロン「それはですね。」

スギケン「・・・・はい。」

マロン「魔法を使えば簡単に
    コンバート出来たり
    するのです。(^_^)v」


スギケン「うわ・・・流石エルフっ子、そんな事も出来ちゃうんだ。
     凄いんだね・・・。
     でも合法ではないのでちょっとまずいかも・・・。(^^;)」


マロン「え・・・そうなのですか・・・。
    うぅ・・・残念ですが・・・それでは止めた方が・・・。」

マロン83

スギケン「いや・・・まぁ今回は個人で楽しむだけ・・という事で良しとしましょう。
     私が買っていたDSのソフトをコンバートしたんでしょうしね・・・。
     かなり苦しい言い訳ですがバックアップと思えば・・・。」

マロン「分かりました。今度から気をつけるのです・・・。」
    本当は、それでも止めたほうが良いのかもしれませんが、 
    先が気になって、どうしてもこれは最後までやりたいのです。(^^;)


スギケン(・・・しかしDSとPSPじゃ画面比率も違うだろうし、かたや2画面に
     タッチパネル・・・どうやってるんだろう・・。
     ああ・・・でもラジアントはタッチパネルは関係ないか・・・
     画面は・・・・横に2分割?・・・でもあれって見る限り
     1画面でやってるよね・・・?)



スギケン(・・・・・・・・・・・・。)



スギケン(ま・・いいか。)



スギケン「・・・マロンちゃん、それはそうと、その洋服は?」

マロン「あ、これですか? これはニア姫様にお借りしたのです。
    とっても可愛らしいパーカーなのですよ。」

マロン74

マロン「背中には、燃えるグレン団のロゴがプリントされていてカッコイイのです。
    着ていると、なんとなく自分もグレン団の一員になれた様な、そんな
    気もしてきて勇気が湧いてくるのです。(^^)」

マロン81

スギケン「いや、もう~めっさ似合ってますよ!
     めちゃくちゃ可愛らしいです。(^▽^)♪」

マロン「あ・・ありがとうございます。
    ・・・ちょっと照れるのです~・・・(^^;)」

マロン80_02

スギケン「うん、これからも宜しくお願いしますね、マロンちゃん。(^^)」


おしまい



久しぶりにドール撮影&コントを作りました。
今まで悶々とドール熱が篭っていたので、出来るまでが早いの何の・・・w
それはもうスラスラスラ~と進んで完成してしまいました。(苦笑)

明日は、今回掲載した写真を使って久しぶりに壁紙を載せたいと思います。(^^)
どの写真を使うかは、更新時のお楽しみという事で・・・(苦笑)

 MDDマロン

0 Comments

Leave a comment