スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

うちの子紹介13人目 ~不思議の国のマロン~ その3

前回の続きです。

今回は続き物のドールコントになっておりますので、前回をお読みでない方は
先にその1~2をご覧になってからお読みください。

マロン11

前回までのあらすじ
自分なりに工夫はしてきたものの、結局不思議の国の住人である事を
スギケンにバレてしまったマロンちゃん。
本人の落胆を余所に“ボクっ子”である事に萌えを感じ、勝手に喜ぶスギケンでした。

※この記事は、ドールとの会話を織り交ぜたコント記事となっております。
 そういったものに嫌悪感を抱かれる方は、先を見ないほうが良いです。


スギケン「エルフ族って事は、マロンちゃんは、
     ひょっとして魔法とか使えたりするんですか?」


マロン「はい。使えるのですよ。
    ただ人間界では使用を禁じられていますので、
    お見せする事は出来ませんです。」

マロン18

スギケン「う・・・・そうですか・・・残念。(^^;)」

スギケン「こちらの世界へは何の用事で?」

マロン「ルネさんの様子を見に来たのです。」
マロン19

スギケン「え? ルネの様子を見に?」

スギケン「・・・・・・・・。」

ルネ「・・・・・・?」
rune389.jpg


スギケン「・・・ルネ、突然帰っちゃったりしませんよね・・。」

ルネ「ほえ?・・・いや、そんな予定はニャいけど。」
rune388.jpg


スギケン(ホッ・・・)


マロン「・・・・・・・・・。」

マロン(うん・・・ルネさんは、主人に愛されているようですね。)
マロン20


スギケン「でも、マロンちゃんか~・・・可愛らしい名前ですね。」

ルネ「いや、本当の名前じゃニャいんだけどニャ・・・。
   マロンは愛称ニャ。本当の名前は私やスギケンでは
   発音出来ないエルフ語ニャん。」

rune387.jpg

スギケン「え、そうなのですか?」

マロン「はい。」

スギケン「・・・・・・・。」

スギケン「でも、なんで愛称がマロンなんですか。」

マロン「え・・・っと・・それはですね・・・。」
マロン21

ルネ「マロンは栗が大好物なんニャ。
   それでみんなからマロンと呼ばれるようになったんニャ。」


マロン「うぅ・・・お恥ずかしいですが、まぁ、
    由来は単に栗が好物だからなのです・・・。(^^;)」


スギケン「へ~、それじゃモンブランなんかも?」

マロン「大好物なのです!!(グッ!)」

スギケン(うお、この反応。これは相当好きなのですね。)

スギケン「・・・・・・・。」

スギケン「この世界のモンブラン・・・食べてみますか?」

マロン「ええっ! 良いのですか!!」
マロン04

スギケン「手元には無いので買ってきますよ。
     折角遠い所からルネを訪ねてきてくれたわけですし。」


マロン「ヽ(≧∀≦)ノ」

マロン「それでは、スギケンさんが買いに行っている間に
    ボク達も自分達の世界のモンブランを作るです。
    食べ比べてみましょう~♪」

マロン16

スギケン「え!それは楽しみですね~。
     私も戻ったら手伝いますよ。(^^)」

スギケン「それじゃ~行ってきますね~。」


バタン


ルネ「・・・・行ってしまったニャ。」

ルネ「マロン、モンブランの作り方なんて知ってたんニャ?」
rune386.jpg

マロン「・・・・・・・。」

マロン「・・・姉が作るのを見た事がありますので、
    なんとなくは分かりますです・・・。(^^;)」

マロン15

ルネ「・・・・・・・・・・・・。(;¬_¬)」


つづく

 MDDマロン

0 Comments

Leave a comment