スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

ドール撮影日和その2

以前、暗い洋服を着せている幼SDを撮影すると、
デジカメが面積の広い洋服の濃度に反応してしまい、
色が飛んでしまう、という様な事を書きましたが、
ちょっとした解決法を発見しました。

yuki51.jpg

カメラを少しでも知っている方ならご存知の、
“測光方式”の切り替えです。

この測光方式、
“評価測光”“中央部重点平均測光”“スポット測光”の3つが
自分のコンデジでは選べます。
通常、風景写真等を撮影する場合は“評価測光”を使う所ですが、
幼SDの様な小さい被写体を撮影する場合は、“スポット測光”が力を
発揮します。

撮影する際、幼SDの顔であったりとか、近くの合わせたい濃度のものに
ファインダーの中心を合わせると、光の加減が上手い具合に調整されます。

いやぁ~便利ですね。
全然知りませんでしたっ!!汗


オプションで選べるのは知っていましたが、
具体的な設定の違いは理解していなかったんですよね。
なので、今までは、「なんか切り替えてもあんまり変わんないや~」位にしか
思わず、ずっと“評価測光”のままだったんですよね。
今回カメラ好きの知人に聞いて初めて知りました。

今後の撮影にとっても役に立つ機能です。(^▽^)

さっそく撮影してみると、

おぉ~良い感じの濃度になりましたよっ!!

yuki52.jpg




嬉しくて長時間撮影してしまいましたので、
何枚か、さっそくお披露目のほど・・・

yuki53.jpg

おぉ~色が飛びません。

yuki54.jpg


yuki55.jpg

もう少し明るく撮ってもよかったかな(少し暗いかったかも)

エステル09

白いメイド服を着ているエステルさんは、通常、明るい色と認識されがちなので、
逆に少し暗めのポイントをカメラに認識させてやると良い感じに・・・。

エステル10

いつも暗めに写っていたエステルさんも良い感じに撮れました。

水銀燈08

最後に水銀燈を一枚。
(おぉ~、いつもよりなんとなく深みのある色合いに撮れましたよ。ヽ(≧∀≦)ノ)

いや~自分が知らないだけでコンデジでもまだまだ出来る事が沢山ありそうです。
前より上手く撮れる様になっていくと、撮影する楽しさも増してきますね。( ´∀`)b


 カメラ

0 Comments

Leave a comment