スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

マイケルジャクソン THIS IS IT

マイケルジャクソンの幻のリハーサル風景を編集した映画。
THIS IS ITを観てきました。


DD風歌_361

そして、パンフレットを買おうとしたら無かったので、勢いでCDをゲット。(^^;)
(売り切れの表示すら無かったので、ひょっとしたらパンフ自体存在しないのかな・・・?)
このCDジャケットにも使用されているTHIS IS ITのデザインが好きなんですよね~。

中でもマンインザミラーがお気に入りですね。
とても良い曲だと思います。今、リピートして聴いていますよ~。

で、ネタバレにならない程度に、私なりの感想を書いてみたいと思います。

キングオブポップの彼に、こんな言い方をするのは大変失礼かもしれませんが、
信じられない・・・これは50歳を過ぎた人間の動きじゃありませんよ・・・。(^^;)


確かに全盛期の彼の動きと比べれば、動きの派手さは控えめかもしれませんが、
キレの凄い動きは、まったく衰えを感じさせませんでした。

上映開始から暫くはマイケルの動きと歌声に釘付けで、購入した
ワーナー・ホットドッグを手に持ったまま食わずにボ~ッとしてしまいました・・・。

感じたのは、これらの各パートがきちんと繋がって、コンサートの当日を迎えたなら、
今までにない凄いショーになっただろうな~・・・という驚きと、それが今後
絶対に見る事が出来ないという残念さですね。
改めて、マイケルジャクソンという人は、最高のエンターテイナーだったんだな~と
思えました。桁外れのカリスマ性と才能を持った人だったんだな、と。

生前は色々と騒がれた彼でしたが、この映画を観ると実際の彼は
きっと、とても優しい人だったんだろうな・・・と思えました。

私は、特にマイケルジャクソンの熱狂的なファンというわけでもないのですが、
映画が終わる頃は、なんか妙に感動して涙腺が緩んでいました・・・。(^^;)

映画の構成としては余計な演出は一切無く、8~9割は、ひたすらリハーサルの
映像を映しています。残りの1~2割は、競演者のインタビューでした。
私としては、変に弄るよりはこの構成の仕方で正解だったんじゃないかな・・・と。

誰にでも薦められる映画ではありませんが、マイケルファン、もしくは彼に興味が
ある人なら、観て損は無いんじゃないかと思います。
私はBDが出たら買っても良いかな~と思えるくらい好きな映画になりましたが。

 映画

0 Comments

Leave a comment