スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

うちの子紹介 11人目 ~ニア姫様と海~ その2

うちの子紹介 ニア姫様編 その2です。

続き物のドールコントなので、前回をお読みでない方は
その1を先にお読みになってからご覧ください。


今回のシリーズは、いつものようなストーリーメインのコントではなく
野外撮影メインの構成になっています。

nia_90.jpg

前回のあらすじ

スギケンから誘われて、ゆき、スギケンと共に海に行く事になったニア姫様。
この世界での海を見るのは初めてなので、ドキドキわくわくしています。

そして舞台はついに海へ。
今まで、地元を離れる事がほとんど無かったゆきさんは、初めての海を見て
大興奮。強風によってウィッグが飛ばされそうになろうが必死に海を見ています。

その後、スギケンの提案で浜辺に降りる事になった三人でしたが・・・

スギケン「浜辺に到着です~。」
nia_91.jpg

ニア姫「日差しが眩しいですね~。」
nia_97.jpg

スギケン「もう少し、あっちの方へ行ってみましょうか。」
nia_92.jpg

ニア姫「はい。(^^)」
nia_98.jpg

ニア姫「クス、スギケンさん。
    地面が冷たくて柔らかくてねちゃねちゃしてます~。(〃゚ー゚)」

nia_99.jpg




数分後・・・




ニア姫「はぁ~。
    思わずこうして手を広げたくなってしまいますねっ。(^^)」

nia_102.jpg


ザッパァアーーーーーン
nia_96.jpg




ビュォオーーーーーーッ!!

nia_100_02.jpg



スギケン「また風が強くなってきましたね・・・。
      大丈夫ですか、ゆきさん。(^^;)」


ゆき「うう・・・ちょっと寒いかもなの・・・。」
nia_95.jpg


ニア姫「ゆきさん、もし宜しければ
    私のパーカーを羽織りますか?」

nia_94.jpg

ゆき「うぅ・・・それ以上薄着したら、ニア姫様の方が風邪を引いちゃうから
   いらないの・・・。」

nia_93.jpg


ニア姫「薄着?・・・・何を言っているのです?
    私は大丈夫ですよ。
    これから泳ごうというのに、このくらいの風で
    寒いとか言っていたら、海に入れませんからね。」

nia_103_02.jpg


スギケン「え!およ??・・・」

スギケン「って、ちょっと待ってくださいニア姫様。
      今なんとおっしゃいました?(*゚д゚)ぇ」


ニア姫「海といったら確か水着を着て泳ぐのですよね?
    ホラ、私、こうしてちゃんと準備もしてきました。」

nia_104.jpg

スギケン「ちょ! それ白スクじゃ
      ないですかっ!!Σ(゚Д゚;o)」


スギケン「ニア姫様、やめておきなさい。
      もう季節は秋です! この時期に海になんて
      入ったら本当に風邪を引いてしまいますよ!」


ニア姫「あれ・・・泳いだあとは、みんなでビーチバレーをするのでは
    ないのですか・・・・?」

nia_105.jpg

スギケン「ニア姫様の世界の気候はある程度一定なの・・・かな?
      でも、この地域では四季によって気温が全然変わってくるんです。
      今の季節は、海で泳ぐには時期ハズレですよ。海水が冷たすぎます。
      あと2ヶ月前なら良かったんですけどね~・・・。
      まぁ、ビーチバレーは別に今でも出来そうですが、今日はビーチボールを
      持ってきていませんので・・・。(^^;)」


スギケン(というか、この寒さでよく海に入ろうなんて思えましたね・・・。OTZ)



ニア姫「そう・・・なんですか・・・・・・・残念です。
    私・・・海で泳ぐのを楽しみにしておりましたのに・・・。」

nia_106.jpg

スギケン「また来年の夏に来ましょうね~。
      それまでの楽しみという事で。」


ニア姫「・・・・・はい・・・。(´・ω・`)」
nia_107.jpg


スギケン(あぁ・・・・ニア姫様、落ち込んでしまいましたね・・・。( ̄ー ̄;)ゞ
      ここは、なんとか気分を変えてもらわないと・・・。)



スギケン「ニア姫様、どこか手頃な木でも探して
      ちょっと座りませんか。」

ニア姫「え・・・・、は、はい。そうですね。」
nia_108.jpg

ニア姫「では、あそこにある流木などいかがでしょうか。
    座るには丁度良い大きさですよ。」

nia_109.jpg



スタスタスタ・・・・・



スギケン「どうぞ、お先に。(^^)」

ニア姫「あ・・・はい、それでは。」
nia_111.jpg

ちょこん
nia_110.jpg

スギケン(く~っ・・・・・ニア姫様、やっぱり可愛いな~・・・。(〃゚ー゚))
nia_112.jpg



ゆき「ゆきもニア姫様の隣に座るの~♪」

ちょこん
nia_113.jpg

ゆき「・・・・・・・・・・・・・。」


ビューーーーッ・・・


ゆき「わぷっ!!(≧Д≦)」
nia_115.jpg


ゆき「あ~・・・・! 帽子が
   飛ばされたの。(><)」



ゆき「待てぇえーーーーーっ。(`・ε・´)」


スタスタスタ・・・・・・





スギケン「・・・・・・・・・・・。」


スギケン「・・・・・・・・・・・・・・・・・。(;¬_¬)」


スギケン(よぉ~し・・・・ゆきさんが帽子を取りに行っている間に・・・。)

スーーーッ・・・・。
↑ニア姫様の肩に手を回している。

nia_116.jpg

(ドキドキドキドキ・・・・)
nia_117.jpg



ガシッ・・・・!!


ニア姫「えっ・・・。」
nia_126.jpg


ニア姫「あ・・・あの・・・スギケンさん・・・この手は・・・。」
nia_128.jpg


スギケン「あ・・・すみません・・。(^^;)
      その~・・・ニア姫様があまりに可愛らしかったので・・・つい・・・。」



ニア姫「そ・・・そんな事ありませんわ・・・。(ポッ・・・)
nia_127.jpg


スギケン「あぁ・・・すみません・・・。(汗)
     すぐに手を離しますね・・・。(^^;)」



ニア姫「・・・・・・・・・・・・・。」
nia_129.jpg


ニア姫「いえ・・・遠慮なさる事はありませんよ。
   ・・・・実は私も・・・・・最初にお会いした時から
   スギケンさんの事が・・・・。(ドキドキ・・・)

nia_130.jpg


スギケン「えっ!!マジで?Σ(゚Д゚;o)」


スギケン「ちょ! ちょっと待ってください・・・
      でも・・・・あなたにはシモン君が・・・。(汗)」




スギケン(ぽけーーーーーっ・・・・。)




・・・・・さん・・・


・・・・ケンさん・・・



スギケンさん・・・・



スギケンさんっ!!(≧Д≦)



スギケン「うわっ!!Σ(゚Д゚;o)
      誰ですか!
      いきなり大声を出すのはっ!」



ゆき「誰って・・・・私なの・・・。
   スギケンさん、さっきから一人で上を向きながら
   ボケーーーーーッとして、にやにやしてるから
   大丈夫かなって・・・。」

nia_131.jpg


スギケン「えっ!!・・・。∑(゚Д゚ノ)ノ」



スギケン「・・・・・・・・・・。」



スギケン(・・・って、妄想時間が長すぎました・・・・。
      とっくにゆきさんが戻ってきていたのですね・・・。OTZ)





ニア姫「・・・?」
nia_132.jpg




おしまい





うちの子紹介 11人目 ~ニア姫様と海~
いかがだったでしょうか~。



今回、初めて海でドール撮影をしたのですが、当日は快晴だったものの、
風が物凄く強くて大変でした。(^^;)
その1で掲載したゆきさんの写真を撮った時などは、表情が撮れないほどの強風。
スタンドに立たせると、スタンドごと吹き飛ばされそうになりました・・・。
(もうヒヤヒヤものでした。)


その後、浜辺に降りて本格的な撮影に入るわけですが、
あまり人がいない浜辺を探すのも苦労しましたね。w

とはいえ、撮影が始まってからは周囲が気にならないくらい没頭してしまい
いつの間にか目の前に家族連れが来ていたのも気付きませんでした。w(爆)


浜辺での撮影中も風は強く、今回掲載したゆきさんの帽子が飛んでいる写真は
実際に飛ぶ瞬間を偶然捉えたものです。w

一緒に行ったみにゃさんは、かなり警戒して撮影していましたので、
全然被害は無かったようですが、私の方はかなり無茶をしたので、
撮影中は、ゆきさんが木に向かって倒れたり、ウイッグと帽子が飛ばされたりと、
浜辺では結構ひどい状況でした・・・・。OTZ

最大の被害を受けたのは、なんといってもニア姫様・・・・。
思いっきり砂に顔面から突っ込んで転がりました・・・。ヾ(・ω・`;)ノ

もうウィッグが砂だらけ・・・・。

そしてオビツボディ50の足には磁石が付いているので、足の裏は
砂鉄だらけ・・・・。

でも考えようによっては、砂だったお陰でヘッド自体は破損せずに済んだとも
考えられます。これがコンクリートや石だったらヘッド自体がヤバイ事になっていた
かもしれません・・・・と前向きに捉えてみる。(苦笑)


もう、あまりのショックに現場撤収時は、みにゃさんに運転をお願いして、
後部座席でひたすら二人のケアに努めました・・・・。(爆)


家に帰ってから、バッグを開けてニアさんの表情を見たら、
やけに疲れているような顔をしていました・・・。m(_ _;)m
(みにゃさんも、そう言っていたので間違いないと思います・・・。)


・・・・・・・・・・・・・・。


ニア姫様・・・ゆきさん・・・

アグレッシブな撮影をしてしまい
本当に申し訳ありませんでした・・・。(反省・・・)

・・・・・・こんなオーナーで許してください・・・。(^^;)

 DDニア

0 Comments

Leave a comment