スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

うちの子紹介10人目 ~綾瀬亜美さんの事情~ その後(アフター)

亜美さんのお披露目コント、いかがだったでしょうか。

達成感はあるものの、やはり一ヶ月コントは、思いのほかしんどかったので、
恐らく二度とやらないと思います。
(リクエストが多かったり、何かの拍子に血迷えばまたやるかもしれませんが。w)

さて、前回で完結した綾瀬亜美さんのお話ですが、今回は
その直後のちょっとしたアフターストーリーになっています。(^^)

亜美454

前回までをお読みでない方は、その1~13の本編を先に
お読みになってからご覧くださいませ~。(1~13・・・ってのも凄いな・・・。)

亜美が帰国してからの綾瀬家は、それはもう大騒ぎだった。

騒動が落ち着くまでには一週間は掛かった・・・。

亜美457


そして2週間後・・・



以前彼女が住んでいた場所にも既に新しい住人が住んでおり、
彼女の帰る場所は無く・・・



亜美「・・・・・・・・・・・・。」
亜美458


亜美「う~ん・・・少しイメージが違うんだよな~。(´-ω-`)」
亜美455

スギケン「いや・・・その辺で勘弁してよ。
     もうそれ以上の“なきむしさむらい”は描けないって・・・。(^^;)」



・・・・彼女は、この屋敷の一室を使用する事になった。
彼女の両親もオレの事を知っているので、安心して任せられるとの事らしい。


・・・そして、挿絵はどうなったのか?と訪ねる彼女に
作っていた登場人物のキャラクターデザインを見せるも、
早速駄目出しをされているわけで・・・・・・。OTZ

亜美459


亜美「なきむしさむらいは、もっと気弱そうに見えないとね。」
亜美456

スギケン「これ以上気弱そうにかよ・・・。」

亜美「うん。」
亜美465

スギケン「・・・・といっても難しいな・・・。」

亜美「鏡、見てみたら?(^^)」
亜美464

スギケン「うわ・・・・それって結構傷つくんですけど・・・。」

そんなオレを見て、亜美はクスリと笑う。
亜美466


数日前までは・・・・この笑顔が、また見れるとは思わなかった・・・。
本当に・・・・本当に無事で良かったよ・・・・・亜美。

亜美462


亜美「でもね・・・2年前にスギケン君から、ほとんど
   “あなたは明日死にます”みたいな事を言われた時は
   ほんと悲しかったんだからね。」

亜美467

スギケン「それは、ごめんなさいって何度も謝っただろ・・。」

亜美「それに久しぶりに会ったと思ったら、
   路上でいきなり抱きついてくるし・・・。」

亜美468

スギケン「いや、あの状況で再会したら、誰だってそうなるって・・・。」

亜美「男泣きしてるし・・・。」
亜美469

スギケン「いや、亜美が反対の立場なら同じ様になると思う・・・。」

亜美「なきむしさむらい。」
亜美470

スギケン「はいはい。 大人しく鏡を見て描き直す事にしますよ・・・。」

スギケン「・・・っていうか、お前なら泣いてくれないのかよ・・。」

亜美「私は女だから良いんです。」
亜美471

スギケン「うわ・・・・こんな時だけ・・・。」

亜美「それに私は、もう物語を完成させてるんだから、
   あとはスギケン君の挿絵だけなんですからね。
   もっと頑張ってよ。」

亜美472

スギケン「お前、海外暮らしが長いせいか、性格変わったんじゃないか・・・?」

亜美「クス・・・・そうかも。」
亜美473



スギケン「・・・・・・・・・・・。」



スギケン「前の性格の方が、男性にもててたかもよ・・・?」

亜美「それはさ・・・・。」
亜美474



亜美「貰ってくれるんでしょ? スギケン君が。(〃゚ー゚)」
亜美477

スギケン「いや、亜美・・・ちょっとマテ。
      あれは、状況が状況だけにやむを得ずにだな・・・・。」



亜美「これから両親に会いに行く?(^^)」
亜美475

そして彼女は、また悪戯っぽく笑った。




TRUE END

 SD16綾瀬亜美

4 Comments

ほそ  

お疲れ様ですっ

スギケンさん、こんばんわ~
一月に渡る超大作、楽しませて頂きました。^^
10話や最終話はつい泣いてしまいました。どうしてくれるんですかっ!w<逆ギレ
ハッピーエンドは大好きなのです。^^

しかし亜美さん、良い表情しますね。
毎回台詞に合った表情を見せてくれるのは亜美さんの完成度の高さなのか
スギケンさんの撮影技術…いや愛なのか…w

ホントお疲れ様でした。



…で、次回作は何時でしょうか?(爆)

2009/08/04 (Tue) 03:42 | EDIT | REPLY |   

スギケン  

ありがとうございます~

ほそさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
返事が遅れてしまい申し訳ありません・・・m(_ _)m

>一月に渡る超大作、楽しませて頂きました。^^
楽しんで頂けたようで嬉しいです~。

>10話や最終話はつい泣いてしまいました。
作っている側としては、見ている方に一番
泣いて欲しい箇所ですね。
今回は、泣ける話を目指しましたので、
泣いていただけたのであれば嬉しい限りです~。(爆)

>どうしてくれるんですかっ!w<逆ギレ
思いっきり笑ったり泣いたりする事は、ストレス解消にも
なりますので・・・。(^^)
(いや、思いっきりは泣けなかったかもしれませんが。w)

>ハッピーエンドは大好きなのです。^^
私自身、最後まで悲劇的で終わる話なんかを見ると、
「あ~、何とか幸せにしてやれないものか!」と
思っちゃったりするので、自分で書いた話くらいは
基本的にハッピーエンドにしてあげようと思います。
私もハッピーエンド大好きなので。(^^)

・・・と言いつつも、風歌さんお披露目コントのルネさんは、
ちょっとかわいそうでしたが・・・・。(汗)

>しかし亜美さん、良い表情しますね。
亜美さんは可愛いですよ~。
可愛い系の顔なのに小顔なので、SD16ボディとの組合せだと
大人っぽさも感じます。水銀燈と並べると、やたら顔が小さく感じますね。w

>スギケンさんの撮影技術…いや愛なのか…w
技術なんかは基本的な事しか知りませんので、
ここは、皆さんもお持ちのドール愛でカバーという事で。w

>ホントお疲れ様でした。
労いのお言葉、ありがとうございます。
でも、ホント疲れました・・・。OTZ

>…で、次回作は何時でしょうか?(爆)
いえ・・・基本は、もうやらない方向で・・・。w

2009/08/05 (Wed) 21:42 | REPLY |   

なっつ  

No title

お疲れ様です!
亜美ちゃん無事で良かった^o^!!
最初はお化けになって出てきたのかとww
楓さんの説明難しく出理解できませんでした(爆
また亜美ちゃん主演(笑)で何かお願いしますね!
ではノシ

2009/08/08 (Sat) 20:48 | REPLY |   

スギケン  

感想ありがとうございます

なっつさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。(^^)

>お疲れ様です!
あまり疲れた~とか言わない方が良いのかも
しれませんが、でもホント疲れました。w(爆)

>最初はお化けになって出てきたのかとww
お化けになった亜美さんが家に居つくって結末も
最初、候補にはあったんですが、ちょっと偲びないかな・・・
と思いまして。(苦笑)

>楓さんの説明難しく出理解できませんでした(爆
分かりづらくて申し訳ありません・・・。(^^;)

サウンドノベルやアドベンチャーゲームなんかを
思い出して頂けると分かりやすいかと思います。

ノベルゲームは、プレイヤーが選ぶ選択肢によって
その先に出現する選択肢の種類が変わってくると思うのですが、
今回もそんな感じです。

ただ、どんな選択肢を選ぶと、次にどの分岐になるかは、
やってる本人は分からないという。

過去に行った私や行かなかった私が存在するというのは、
ローゼンメイデンでいう“巻いたジュン”と“巻かないジュン”
を思い出して頂けると分かりやすいかと思います。

最後は、他人の人生をノベルゲームのフローチャートの様に例え、
冷静に楽しく語る楓さんに、ちょっと恐怖を感じた・・・というオチです。
この辺の楓さんの人の生死に関する感覚(生死の重さ?)は
ゲーム“fate”に登場する魔術師の感覚に近いものを想像して
書いています。

ただ、タイムリープ物って結構ややこしいというか、
私自身、これで良いんだよね・・・・?と不安に思いながら
書いていたので、突っ込まれると粗は結構あるかもしれません・・・。(爆)

なので、第一話の時に、“おかしい所は「あ・・・やっちゃってるわ。」
と思って軽くスルーして頂けると助かります”と書いて、逃げ道を作って
おいたんですよね・・・。w(苦笑)
(すみません、私もタイムリープ物は初の試みで自信が無くて・・・w)

>また亜美ちゃん主演(笑)で何かお願いしますね! ではノシ
一ヶ月コントはキツイので、恐らくもうやらないと思いますが、w
いままでと同じ、全2~6話程度の衣装紹介コントでは主役を務める話が
あるかもしれません。(^^)

それでは、またのご来訪をお待ちしております。

2009/08/09 (Sun) 19:37 | REPLY |   

Leave a comment