スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

うちの子紹介四人目その1 ~あゆむ君 崩壊!エステル登場~

久しぶりのうちの子紹介シリーズです。

今回で四人目。シリーズも終盤に入りましたね。

紹介するのはスギケン初のDDになります。
HTドルパ大阪4で発表されたこの娘。DDエステルです。
ただ私は原作未プレイなので、このエステルという娘の事を知らないんですよね。
なので今回紹介するエステルは性格設定等はスギケンオリジナルになっております。
“けよりな”のエステルとは外見が似ている別人とお考えください。

それでは、エステルさんの登場です。

エステルTOP03

あゆむ「ただいま~♪」

ただいま~



ドタドタドタ

あゆむ「!!」

あれっ


あゆむ「あ、あのっ。」

あ、あのっ。


あゆむ「・・・行っちゃった・・・。」


バタン


あゆむ「ケ、ケン兄ぃ!!!」

スギケン「あぁ、お帰り、あゆむ君。」

あゆむ「た、ただいま・・・ってそれよりさぁ!さっき廊下をメイドさんが歩いてたよ!!」

スギケン「あれ?言ってませんでしたっけ・・・彼女はエステル、私専属のメイドです。」

あゆむ「え~!!マジで!(*゚д゚)」

スギケン「マジです。そろそろ部屋に来る頃ですね。」


トントン


スギケン「どうぞ。」

エステル「失礼致します。ご主人様。」

失礼致します。ご主人様。


ペコリ

ペコリ


あゆむ「ご、ご主人様~!!!」

あゆむ
「ケン兄ぃが、ご主人様。(プッ)」


スギケン「だまらっしゃい(キッ!)」

スギケン「エステル。それではいつものように美味しい紅茶をお願いします。」

エステル「分かりました。今持ってまいります。」
エステルTOP02


あゆむ「・・・・・・。」


トントン


エステル「ご主人様、お持ちいたしました。」
ご主人様、お持ちいたしました。


スギケン「うん、ありがとう。」

コクリ

エステル「どうでしょう。少し温かったでしょうか・・・。」
少し温かったでしょうか


スギケン「いえいえ丁度良いですよ。猫舌の私にはピッタリです。
      絶妙な温度加減ですね。流石エステルさんです。」

エステル「えへ。」

えへ


あゆむ「あの~・・・。」

スギケン「このお菓子も美味しいですね~。甘さ控えめな感じが私好みです。」

エステル「真心込めて焼かせていただきましたから。ニコッ」
分かりました。今持ってまいります02


あゆむ「ちょ・・・ちょっとさ~」

スギケン「明日はコーヒーにしましょうか。
      エステルの淹れるコーヒーは、ホント美味しいですからね」

エステル「コーヒーは、直前に豆を挽く事と湯温、蒸らし、
      抽出時間が重要なのですよ。」

コーヒーは


スギケン「なるほどね~。」


あゆむ
「オレの存在を無視しないでよっ!!」


スギケン「ごめんごめん・・ちょっと意地悪だったか。(苦笑)
      エステル、こちらはあゆむ君。楓さんの弟です」


エステル「楓様の・・・。」
楓様の・・・

エステル「あゆむ様 はじめまして、
      エステルです。」


あゆむ「あ・・・はじめまして、あゆむですっ・・。ドキドキ」
はじめまして、エステルです。


あゆむ「う~、ケン兄ぃ、ひどいよ!
     なんで教えてくれなかったのさっ!!(>□<)」


スギケン「いや~・・・つい言ったつもりで・・・。
      でも不思議と今まで会わなかったんですね・・・。」

あゆむ「・・・・・・・・・・。」

スギケン「ちょ、ちょっとあゆむ君?なんですか顔を赤くして・・。」

あゆむ
「うわぁ・・・その猫耳可愛いね・・・
ちょっと触ってもいい?」

その猫耳可愛いですね


エステル(チラッ)

チラッ01


スギケン「いいでしょう。」

エステル「どうぞ。」

どうぞ


あゆむ「う、うわぁ・・・・・フサフサしてやわらかい・・・いいな~。」
フサフサしてやわらかい


スギケン「あ、あゆむ君・・・・その歳でそこまで萌えちゃうと危険ですよ・・色々と。」

あゆむ「なんだよっ。ケン兄ぃがメイドさんの事を色々と
     教えてくれたんだろ!!o(`ω´*)o」


スギケン「その結果私は殺されそうに
      なったのですから、
      おあいこです。(`・ω・´)」


あゆむ「う~、わかったよ。でも、エステルにひとつお願いしていい?」


エステル「なんでしょう。」


あゆむ「ぼ、ぼくの事も、一度で
     いいからご主人様って
     呼んでみてください!!」

スギケン「∑(゚Д゚ノ)ノ」

ご主人様って呼んでみてください


スギケン「・・・・・・・。」

スギケン(あ、あゆむ君が壊れていく・・・・・楓さんにこんな所を見られたら
      何をされるか分かりませんね・・・。汗)


エステル(チラッ)
チラッ02


スギケン「・・・いや、それは駄目です。エステルは私のメイドですからね。
      違う人をご主人と呼ばせるのはエステルに対して申し訳ないですから。」

エステルに対して


あゆむ「えぇ~~~っ(´Д`)」

あゆむ「ちぇっ、いいよ。オレだって大きくなったら
     メイド王国をつくって初代王様になってやるから・・・。」


あゆむ「見てろよ・・絶対なって
     やるからなっ!!!(`・ε・´)」


スギケン「子供はもう少し健全な夢を見なさい・・・。」



うちの子紹介四人目その1 ~あゆむ君 崩壊!エステル登場~
いかがだったでしょうか。
いつにもましてアホな話になってしまいましたね・・・。(苦笑)
当初はもっとほんわかした話を考えていたんですが、
文章にする段階で、つい暴走して変な方向にいってしまいました。

あゆむ君が完全にメイド属性になってしまいましたが、
メイド関係が絡まなければ普段のカッコよさを
取り戻してくれるはずです。(苦笑)

エステルの性格はデレ状態の綾波に(んなもんあるのか?)
少し人間味を足した感じの性格にしてみました。
それと次回明かされますが、
もうひとつちょっとやっかいな性格付けもプラスしてあります。

それでは、次回、
“うちの子紹介四人目その2 ~着せられる少女エステル~”
にご期待ください。

 DDエステル

2 Comments

ほそ  

またまたこんばんわ~

エステルさんもお迎えされてましたか!
DDエステルさんはもっとツンとしたイメージがありましたが、
こうして見るとなかなか可愛い表情してますね。

スギケンさんとあゆむくんが張り合ってるのが笑えましたw
しかし兄弟揃ってメイドスキーとは…あゆむくん将来が有望ですね~

でわでわ、メイド王国楽しみにしていますw

2008/03/12 (Wed) 04:27 | EDIT | REPLY |   

スギケン  

ほそさん、いらっしゃいませ

>エステルさんもお迎えされてましたか!
ドールは昨年の5月から一気に増えましたね。
以前記事でも書きましたが、興味はあるものの、
気に入った子が発表されずにひたすら待った日々の反動が、
昨年のツボっ子ラッシュで一気に爆発した感じですね。(苦笑)
でも今の6人は、かなり気に入っていますので、
今後は急激に増えることはないと思います。(思いたいです・・・汗)


>DDエステルさんはもっとツンとしたイメージがありましたが、
原作はツンデレかもしれませんが、現物を長い事眺めていると、
なんとなくツンではないかな、と私は感じました。
なぜかは分かりませんが、本当はさびしがり屋で控えめな子、
不思議とそんな気がしましたね。
(話の成り行き上、次回その2では少し性格が変わりますが・・・)

2008/03/13 (Thu) 01:44 | REPLY |   

Leave a comment