スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

花と太陽と雨と ~終わらない楽園~

グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一さんが手がけたPS2ソフト
“花と太陽と雨と”のDS移植版である~終わらない楽園~を買ってきました。


FSR01.jpg


記事に掲載している写真は、いつもCANON製“IXY DIGITAL 2000 IS”の
オートモードで撮影していたのですが、今回からマニュアルモードにし、
設定をいじって撮影しています。
あるお方のブログで、モードによる違いを知り今回から変えてみたのですが、
やはりオートより綺麗に撮れますね。
いつもは、撮影後フォトショで色味を調整するのですが、今回掲載している
画像はあまり調整していません。そのままでも結構綺麗に色が出てきますね。
(若干色味を上げて、あとはシャープネスを強くしているだけです。)

須田さんの手がけられる作品は個性的なものが多く、いつも賛否両論に
なりがちです。合わない人には、とことん合わないでしょう。

しかしその反面、独特の世界観に自分の感性が合ってしまった人は、
熱狂的なファンになるという非常に中毒性の高いゲームが多いですね。
私もSUDA51ワールドに魅入られてしまった一人です。

私が須田さんの作品に注目するようになったのは“キラー7”がきっかけです。
この作品はすごかった・・・。

その後、手がけられた作品は知ってる範囲でプレイしています。

killer7.jpg


どの作品も誰が手がけたか分からなくても、プレイすれば、
「あっ、これ須田さんだ。」と一発で分かる程、個性的です。
“BLOOD+”や“サムライチャンプルー”など原作がある作品でも、
その異様な世界は一切曇らず発揮されています。

独特のセリフ回しと世界観、ハイセンスなデザインとサウンド、そして必ず出てくる
全作品共通のキーワード“月”。これが須田作品共通の特徴でしょうか。

そして極めつけがコレ・・・

ノーモアヒーローズ

Wii持ってないのに、なぜか
買ってしまいました!!(爆)


しかも、発売日当日・・・。

いずれ本体を購入してやりたいと思います・・・。(汗)

いや、だってwiiのラインナップで他に欲しいもの無いんですもの・・・。
なかなか本体まで購入する気にならなくて・・・。

須田さんのファンの間では「いままでの作品の中では“シルバー事件”が
一番好き」という人が結構いるようですが、この作品は未プレイなんですよね・・・。
しかし、今回の“花と太陽と雨と”に引き続きDSへの移植が決まったらしいので、
今から楽しみにしています。( ´∀`)b

で、肝心の今回購入した“花と太陽と雨と”ですが、
PS2版は未プレイなので、このDS版が初となります。
いや、序盤から須田ワールド全開で面白いですね~。
キャサリン起動時のくどいセリフ回し。
初日でいきなり自分の部屋が“開かずの部屋”になって依頼人に会えなくなるという
ビックリな展開とか、主人公を置き去りにして逃げていく霊媒師とか、もぉ~最高♪
いや~・・・シュールですね。
“シルバー事件”と密接な繋がりがあって、後半の展開はやってないと
分からないといわれているのが気になりますが、今は楽しくプレイ中です。

 ゲーム

2 Comments

ほそ  

ゲームについてのコメントではありませんが…

こんばんわ~

マニュアルでの撮影、WBを合わせるとかなり良くなりますよ。
CANONのデジカメは昼白色や昼光色の蛍光灯だとやや色味をハズすのですが…(^^;

そういう時はマニュアルWBで撮影すると色味補正が殆ど必要無くなります。
真っ白な紙やレフ板等で白を取り込む必要はありますが、是非一度お試しあれ。

2008/03/12 (Wed) 04:26 | EDIT | REPLY |   

スギケン  

ほそさん、こんばんは

WBは合わせていませんでしたね・・・。
カメラに関しては初心者同然ですので、お恥ずかしいかぎりです。
今度の休日にでも、早速試してみたいと思います。
貴重なアドバイス、ありがとうございました。m(__)m

2008/03/13 (Thu) 01:58 | REPLY |   

Leave a comment