スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

うちの子紹介9人目 その4 ~迷探偵登場~

前回の続きです。
続き物のドールコントですので前回をお読みでない方は、その1~3を
先にお読みになってからご覧ください。


DD風歌_106

ルネの帽子盗難事件の捜査を始めた風歌さん。
住人の話を聞いた後、ルネの部屋を実際に自分の目で確かめたものの
気になった点といえば楓さんの描いた魔法陣くらいです。

しかし部屋の捜査を切り上げようとしたその時、あるものが彼女の目にとまりました。
そのあるものとは? ミズキ「どうしました? 先輩。」
DD風歌_116

風歌(何・・・・この壁にある引っかいたみたいな傷は)
DD風歌_107

スタスタスタ・・・

風歌(う~ん・・・規則正しい線ではないわね。とても乱雑。
   物を擦ったのなら規則正しい線になるはずだから・・・・
   一体何の跡かしら。)

DD風歌_108

風歌(傷の表面が新しい・・・昔からある傷では無い様ね。)
DD風歌_109

スッ・・・

風歌「僅かだけど床に削れた粉のようなものが・・・。
   まだ床にそのまま落ちているという事は、ここ数日で出来た傷のようね。」

DD風歌_110

風歌「ルネさん、この壁の傷って何の傷か分かる?」
DD風歌_111

ミズキ「あ、ホントだ! よく見るとなんか引っかいたみたいな傷がある。
    よく気付きましたね・・・・流石先輩。」

DD風歌_112

ルネ「なんニャこの傷! こんな傷いままで無かったはずニャ。
   いつの間に付いたんニャ?」

DD風歌_113

風歌「そう、ルネさんも知らないのね。」

風歌(突然現れた傷か・・・妙ね。 今回の事件と何か関係があるのかも・・・。)
DD風歌_114

スギケン「そろそろ昼飯時ですし、ここで一旦休憩して昼食にしましょう。」

ルネ「うぅ・・・いつもなら嬉しい昼食の時間なんニャけど、
   今はちょっと複雑ニャ・・・。(´・ω・`)」

DD風歌_117

スギケン「ま・・まぁそう言わずに・・・。きちんと食べないと力も出ませんよ。
      昨日はあなたの苦手なカレーでしたが、今日はあなたの好物の
      秋刀魚の塩焼きにしましたから。(^^;)」


ルネ「? 何言ってるんニャ? 昨日のお昼ご飯はお好み焼きだったニャろ?」
DD風歌_119

スギケン「あれ・・そうでしたっけ?(´-ω-`)」

スギケン「・・・って、いやいやいや、流石に
      昨日の事くらい正確に覚えて
      いますよ! 確かに昨日の昼は
      カレーでした。あなた
       “舌がピリピリするニャ・・(><)”
      とか言ってたじゃないですか!!」


ルネ「私そんな事言ってない
   ニャ!!ヽ(`д´;)ノ

DD風歌_133

風歌「・・・・・・・・・・・・。」
DD風歌_131

風歌「ルネさん、思い出して欲しいんだけど、昨日の夜って
   風が強い日だったわよね。かなりの強風だったと思うんだけど、
   うるさくなかった?」

DD風歌_120

ルネ「? 何言ってるんニャ? 昨日の夜は風なんか強く無かったニャ。
   お陰で私も朝までぐっすりだったニャン♪」

DD風歌_134

ミズキ「あの・・・これって一体。」
DD風歌_135

風歌「ルネさん・・・今日が何日か分かる?」
DD風歌_123

ルネ「え、わ・・・私だって日付くらい分かるニャ。 4月4日(土)ニャろ?」
DD風歌_137

風歌「・・・いいえ、今日は4月5日(日)よ。」
DD風歌_138

ルネ「え!! でも昨日は金曜日だったニャろ? あそこでああして
   午後はミカちゃんと遊んだ筈ニャ。」

DD風歌_139

風歌「ミカちゃん?」
DD風歌_140

ルネ「とっても仲良しの猫なんニャん♪
   最近はいつも一緒に散歩してるニャ。」

DD風歌_141

風歌(どういう事? ・・・状況をそのまま受け止めるなら、ルネさんだけ
   昨日の記憶が抜け落ちているって事よね? ・・・確かにそう考えると
   今回の事件も簡単な話。
   ルネさんの忘れている昨日の間に彼女は帽子をどこかに置いてきてしまった。
   そして帽子の無いまま寝てしまい、記憶をなぜか無くした・・・。
   一昨日帽子がある時の記憶から今日の朝に繋がっているから帽子が
   突然消えたと思い込んでしまった・・・。)

DD風歌_121

風歌(いいえ・・・お待ちなさいな風歌。 ここまできたら非現実的な可能性も
   考えなければ駄目よ・・・そう、例えば・・・。)

DD風歌_142

風歌(時間軸がずれて彼女だけ一日時間を飛び越えた!!
   そう・・・いわゆる・・・・)

DD風歌_122

風歌(タイムリープ!)
DD風歌_125

風歌(もしくは・・・そう、昨日スギケンさんと一緒に昼食を摂った人物は
   今私達の目の前にいるルネさんではなかった・・・そう・・・いわゆる・・・)

DD風歌_124

風歌(ドッペルゲンガーーー!)
DD風歌_126

風歌(または、その逆・・・・・)
DD風歌_143

風歌(・・・・かも?)
DD風歌_132

風歌(・・・・って、ハハ・・・そんな訳ないって。
   可能性として一番高いのは、やっぱりルネさんが何かの拍子に
   記憶を無くしているって線が一番かな。)
DD風歌_144

ミズキ「あ・・・あの、風歌先輩?」
DD風歌_147

スギケン「・・・思考タイムと言いますか、見事に固まってしまいましたね・・・。
      無理もありません、こんな状況を目の当たりにしたら・・・・ねぇ。」

風歌(町で聞き込みをすれば・・・目の前のルネさんの知らない
   昨日のルネさんの行動が分かるかも・・・・。)

DD風歌_148

風歌「ご、ごめん。 ちょっと私、昨日のルネさんの足取り、辿ってくるね!」
DD風歌_149

スギケン「ちょ! それでは私も着いていきますので準備しま・・・・」

風歌「すぐ戻るから~♪ から~・・から~(←エコー)
DD風歌_150


スタスタスタスタ・・・
DD風歌_151


バタン!!


スギケン「って・・・行ってしまいましたか・・・・・・。(^^;)
      でも、こうなったら彼女が朗報を持ち帰るのを期待して待つしかありません。」

ミズキ「大丈夫ですよ。風歌先輩は我が校が誇る迷探偵ですから・・・。
    必ず事件の真相に辿りついて帰ってきます。」

DD風歌_152



つづく

 DD風歌

0 Comments

Leave a comment