スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

クリスマス2008 活躍する長靴を履いた猫 その3

延長戦!!

実質うちの子紹介シリーズ8人目となる今回のお話。
今からタイトルを変えるのもどうかと思いますので、
引き続き“クリスマス2008 活躍する長靴を履いた猫 その3”です。

クリスマスは過ぎちゃいましたが、もう少しお話にお付き合い頂ければと思います。(苦笑)

アスカ26

さて前回の続きです。
続き物ですので前回までをお読みでない方は、その1とその2をお読みになってから
ご覧くださいませ。 ザシュッ!!


スギケン「今帰りました!!!」

ルネ「・・・・・・・・・。」

ルネ「スギケン・・・一足遅かったニャ・・・・。
   頑張って引き止めたんニャけど・・・結局アスカ・・・帰っちゃったニャ・・・。」

アスカ27

スギケン「え・・・・・そ・・そうですか・・・・。」

スギケン「あれ・・・なんか部屋の中が綺麗に飾り付けされましたね・・・。」
アスカ28

ルネ「うん・・・スギケンが戻るまでの間、アスカと二人で頑張って装飾してたニャ・・・。」

スギケン「そうでしたか・・・お疲れ様でした。」

スギケン「でも折角ここまで準備したんですから・・・是非ともアスカさんとあなたと3人で
      クリスマスの夜を楽しみたかったですね・・・。」


ルネ「うぅ・・・・スギケンがもう少し早く帰ってくる事が出来ればニャ・・・。」
アスカ29

スギケン
「・・・・申し訳ありません。。(´・ω・`)」


ルネ「・・・・・・・・・・。」
アスカ30




アスカ・ルネ「なぁ~んてね!!」
アスカ35

スギケン「!!!∑(゚Д゚ノ)ノ」

アスカ「まったく・・・ちゃんと待っててあげたんだから、感謝しなさいよね。」
アスカ32

ルネ「ぷぷ・・・今のスギケンの顔、面白かったニャ。」
アスカ33

スギケン「・・・・君達ねぇ・・・。」

アスカ・ルネ「ハハ! 成功~。」
(パシン☆)

アスカ34

スギケン(くぅ~・・・・なんなんだよ・・・。)

スギケン「はぁ・・・・それじゃ調理してきますから、もう暫く待っていてください。」

アスカ「ちょっと、あなた・・・
    大丈夫なんでしょうね。」

アスカ36

スギケン「いや・・・料理は正直言ってそれ程得意ではありませんが、
      出来なくはないですよ。」


アスカ「ったく、頼むわよ。 私もう、お腹ペコペコなんだから。」
アスカ37

ルネ「私もニャ・・・(´-ω-`)」

スギケン(お前は手伝えよ・・・・。)




5分後・・・・




アスカ(じーーーーーーーーーーっ)
アスカ40

スギケン(くっ・・・なんだあの視線・・・気になるな・・・。)

スギケン「イテッ・・・。」

アスカ「ほら、言わんこっちゃない。
    慣れない事をするからそうなんのよ。
    ほら、そこどいて。 手伝ってあげるから。」

アスカ39

スギケン「もうここまできたら、お言葉に甘える事にします・・・。(苦笑)」

アスカ「こっちは私がやるから、あなたは食器類を並べてちょうだい。」
アスカ41

スギケン「分かりました・・・。(^^;)」




数分後・・・




アスカ(テキパキ・・・)
アスカ42

スギケン(へ~・・・。)

スギケン「アスカさん、実に見事な手際ですね。
      ちょっとビックリです。(^^)」


アスカ「まぁね☆ 料理は結構自信あるんだ、私。
    でも普段他人に振舞う事なんて滅多に無いんだから。
    あんた結構ツイテルかもよ。」

アスカ44

ルネ「いつまで待てば良いんニャ~・・・・もう待てないニャ・・・。」
アスカ38

スギケン(だから、むしろお前が手伝え・・・。)




調理中・・・




アスカ「よし!出来た。」
アスカ45

スギケン「うん、少なくても見た目は合格だ。」

アスカ「ちょ、あんたゲストに調理させといてマズイなんて言ったら承知しないわよ!」
アスカ46

スギケン「そこはほら・・・正直に評価しないと。w・・・な、ルネ。」

ルネ「私はこう見えてもグルメだから味にはうるさいニャ。」
アスカ48

アスカ「あんた達ねぇ・・・。(苦笑)」
アスカ56

スギケン「さて、それじゃ早速頂きましょう。」

ルネ「待ってましたニャン♪」
アスカ47




パクッ・・・




スギケン「・・・・・・・・・。」

スギケン「くっ・・・・美味いぜ・・・・。」

アスカ「え? 聞こえないんだけど。(ニヤニヤ)」
アスカ49

スギケン「残念だ・・・
      オチにもなりゃしねぇ。」


アスカ「ちょ、素直に喜びなさいよ!」
アスカ51

ルネ「う~ん・・・エステルの方が流石に上だけど、それに迫るものがあるニャ。
   ホント美味しいニャ。」


アスカ「そうでしょう、そうでしょう♪ やぁ~っと私の腕前を認めたようね~。(^▽^)
    ・・・・・って、ルネの感想・・・エステルには及ばない?
    誰よ、そのエステルって。」

アスカ50

スギケン「エステルは私が雇っている専属のメイドです。
      彼女はプロですから、適わなくて当たり前ですよ。
      むしろ、彼女の料理の腕に迫ると評価された訳ですから、
      それは凄い事だと思います。」

アスカ52

アスカ「くっ! 私はそれでも
    一番じゃないと気が・・・・って・・・。」

アスカ54


スギケン「・・・・・?」


アスカ「こう言うといつもルネに、もう少し穏便にって言われるのよね・・・・。
    お陰で私も最近だいぶ丸くなったかな・・・うん・・・。」

アスカ55




つづく



クリスマス2008 活躍する長靴を履いた猫 その3
いかがだったでしょうか。

普段黒一色の背景も今回は自分なりに装飾して頑張ってみました。
少しはクリスマスっぽく見えますでしょうか。
ここまで拘ったのは、クリスマスのスペシャルコント用だからという事もありますが、
やはり一番はDDアスカの初舞台を綺麗に演出してあげたかった・・・というのが
動機としては大きいです。(^^)

それでは、その4掲載まで暫くお待ちくださいませ。

 DDアスカ

4 Comments

donnersclag  

スギケンさん、こんばんは~

おぉ~アスカ様に料理までしてもらって、何という贅沢なクリスマス!w
背景も凝っててキレイですね^^

>ルネ「いつまで待てば良いんニャ~・・・・もう待てないニャ・・・。」
あはは、ルネちゃんってまさにこういうキャラですねww
う~ん、やっぱしカワエェ~です。

>スギケン「アスカさん、実に見事な手際ですね。
      ちょっとビックリです。(^^)」
それよりも、実に見事なおっp(ry
色々とサービスサービスで、ありがとうございました(笑

2008/12/28 (Sun) 00:37 | REPLY |   

スギケン  

donnersclagさん、こんにちは☆

>背景も凝っててキレイですね^^
全て100円ショップでかき集めてきたものですが、
何となくそれっぽくはなりました。(^^;)

>あはは、ルネちゃんってまさにこういうキャラですねww
そうですね~。猫は猫でも子猫って感じでしょうか。

>それよりも、実に見事なおっp(ry
そう、密かに当ブログ初のL胸換装っ子なのです。
衣装の効果も相まって陰影の付き方によっては
それはも~凄い事に。

>色々とサービスサービスで、ありがとうございました(笑
次回も色んな意味でサービス致しますので、
楽しみにしていてください。(^^)

2008/12/28 (Sun) 12:36 | REPLY |   

つか  

スギケンさん、たくさんこんばんは~です。

>アスカ・ルネ「なぁ~んてね!!」
おとぼけの対になった場面や、
先のしてやったりの構図…可愛くて楽しい、2度美味しい感じですね♪
年末の時に、大いに堪能させて頂きました~
今見ても、堪能出来るのですよ。

>アスカ「ちょ、素直に喜びなさいよ!」
素直に喜べないのが男ってもんさ<マテヤw
でも、オチに料理下手というのは、持ってこなくてよかったかも~?

>スギケン「エステルは私が雇っている専属のメイドです。
さすがにプロだと…敵わなくても仕方なしって…
エステルさんはどれだけ凄いんだろうw
実に味わってみたいなぁ…もちろんあのドリンクもですよ?(笑

2009/01/07 (Wed) 23:08 | EDIT | REPLY |   

スギケン  

つかさん四度目のこんばんは。

>年末の時に、大いに堪能させて頂きました~
>今見ても、堪能出来るのですよ。
嬉しいコメントありがとうございます~。
繰り返し見ても面白いと言っていただけるとは
思っていませんでした。
とてもありがたいお言葉です。

>でも、オチに料理下手というのは、持ってこなくてよかったかも~?
そこはあまり拘っていなかったので、もしかしたら
やっていたかもしれません・・・・。 いや、危なかったですね~。(爆)

>エステルさんはどれだけ凄いんだろうw
そうですね・・・・。
昔、子供の頃料理の鉄人に勝ったことがあるとかないとか・・・。w(マテ)

2009/01/08 (Thu) 23:41 | REPLY |   

Leave a comment