スギケンの闇鍋風ドールブログ

ドールの話をメインに、カメラ、漫画、イラスト、アニメ、映画など、ある方面に偏った趣味を闇鍋風に送る不定期日記です。                

スギケンスタイル2008 ~天使降臨2007・秋 コックさんセット~その2

前回の続きです。

続き物ですので、前回をお読みでない方は“その1”を先にご覧くださいませ。

yuki384.jpg

度々スギケン宅を訪れては元気にはしゃいで台風のように去っていくゆきさんでしたが、
前回の話で自宅が町で評判のパン屋さんだった事が発覚。

お店にやってきたスギケンを相手にいつものノリでゲームを持ちかけるゆきさんでしたが
果たしてそのゲームとは。 スギケン「それでなんのゲームをするんですか・・・。」

ゆき「うん、残念ながら私も今はお仕事中だからそんなに凝った事は出来ないの。」
yuki385.jpg

スギケン(ホッ・・・)

ゆき「今ホッとしたでしょ。」
yuki386.jpg

スギケン「(ギクッ!)い、い、いや! そんな事はないですよ!
      あ~いつものように思いっきり遊びたかったな~♪(汗)」


ゆき「も~しょうがないな~。今度またすっごい面白い事考えて
   遊びにいってあげるから、我慢しなさいって。」

yuki387.jpg

スギケン(ぐはっ・・・マジかよ・・・。)

ゆき「今回やるのは、よくあるロシアンルーレットなの。」

スギケン「ロシアンルーレット・・・・・あ~・・・なんとなく分かりました。
      ひとつがとてつもなく不味くて、もう一個がセーフってやつですね。
      それを私とエステルでやれと。」

ゆき「流石スギケンさん、話が早いの。」

スギケン「まさか食えないものは入れてないでしょうね。」

ゆき「・・・・・・・・・。」
yuki388.jpg

スギケン「・・・・・・・・・・・。」

ゆき「えっ! だ、大丈夫だよ・・・。」
yuki389.jpg

スギケン「な、なんなんです、今の
      長考はっっ!!(汗)」


ゆき「いや本当に大丈夫だって。
   今度売り出そうと思っている新開発商品なんだから。」


スギケン「本当でしょうね・・・。」

ゆき「今・・・人間ならどの位まで堪えられるか調整中なだけで・・・。(ボソッ)」
yuki391.jpg

スギケン「・・・小声で何か言いました?」

ゆき「ん~ん、何にも言ってないよ~(^▽^;)」

スギケン「・・・・・・・・・・・。」

ゆき「それじゃ~どうぞ♪」
yuki390.jpg

スギケン「見た目は普通のよもぎあんパンとあんパンのようですが、
     どちらかがヤバイ何かが入ったパンなのですね・・・。
     仕方がない・・・エステル・・ここは諦めて協力しましょう・・・。」

エステル「かしこまりました、ご主人様。」
yuki392.jpg

スギケン「それでは私はこのよもぎあんパンを頂くとしましょう。」
yuki393.jpg

エステル「では私はあんパンを頂きます。」
yuki394.jpg

スギケン「では同時に食べますよエステル。」

エステル「はい、ご主人様。」

スギケン・エステル「せ~のっ。」

パクッ!!

yuki395.jpg



スギケン「・・・・・・・・。(>□<)」

スギケン「(=゜ω゜)・・・あれ、美味しい・・・。」

スギケン「という事は・・・・。」

エステル「・・・・・・・・・・。」

スギケン「エ・・エステル・・大丈夫ですか?」

エステル「・・・・・・・・・・。」

スギケン「エステル?」

yuki402.jpg




エステル「・・・・・はい、大丈夫です。」
yuki399.jpg

スギケン
「大丈夫じゃなーーーーいっ!!Σ(゚Д゚|||)」




バタッ・・・



ゆき「・・・・・・」

スギケン「ちょ! エステル、
      エステーーーーーール!!(汗)」

yuki401.jpg


一時間後・・・


スギケン「・・・・なんとか回復したようですね・・・。」

エステル「申し訳ありません・・ご主人様・・・私、急に倒れてしまいまして。」
yuki398.jpg

スギケン「ちょ、何を言うのです・・・・あなたが謝る事は全然ないですよ。
      も~・・・ゆきさん・・エステルに何かあったらどうしてくれるんです。(泣)」


ゆき「エステルさん、ごめんなさいなの・・・。
   この商品の開発コンセプトが“真のロシアンルーレットパン”だったから
   妥協の無い相当無茶な組合せをしていたのは確かなの・・・。
   でも、倒れる程不味い味とは私も思ってなかったの・・・。」


スギケン「もちろん一回は試食したんですよね?」

ゆき「実は怖くて食べられなかったの・・・。」
yuki405.jpg

スギケン「ムキーーーーッ! もうあなたという子はっ!!」

エステル「あの・・・ご主人様、私は別に気にしておりませんし、
      大丈夫ですから、あまりお怒りにならないでください・・。」

yuki404.jpg

スギケン「いや・・・あなたがそう言うなら良いですけど・・・。」

ゆき「うん・・・このパンは販売を諦めるの。(・ω・`;)」

スギケン「まぁ・・それが賢明でしょうね。」

ゆき「お詫びに、今度こそ外れなしの当店自慢のパンを
   無料で差し上げるの。」

yuki403.jpg

ゆき「本当にごめんなさいなの。」
yuki406.jpg

おしまい




スギケンスタイル2008 ~天使降臨2007・秋 コックさんセット~その2
いかがだったでしょうか。
今回使用しているパンの小物は、リーメント製の手作りパン屋さん06の天然酵母です。
結構精密に出来ておりまして、あんパンの胡麻の質感や断面なんかもとてもリアルです。
カンパーニュのふっくら感も素晴らしいですね。

最近食べ物関係の小物を結構仕入れたので、今後のコントで少しづつ使用していこうと
思います。(^^)

 スギケンスタイル2008

4 Comments

ほそ  

こんばんわ~
ゆきたんのコックさん姿似合いますね~♪
前回共々ゆきたんの可愛さを堪能しました~^^
パンも幼っ子に丁度良いサイズですね。

>エステル「・・・・・はい、大丈夫です。」
ちょwエステルさんの顔色がぁ~(^^;
一体どんな味だったんだろう…w
お約束なオチですが今回も楽しませて頂きました。^^

しかし最近画像が綺麗ですね~
やはりRAW撮りしてるからでしょうか。
私もやろうかな~

2008/11/09 (Sun) 03:54 | EDIT | REPLY |   

スギケン  

ほそさん、こんばんは。

>パンも幼っ子に丁度良いサイズですね。
近所のお店で置いてあるのを大量に購入したので、
この大きさの小物が一気に増えました。

>一体どんな味だったんだろう…w
味もさることながら食材の最悪の組合せにより
人体に有害な食べ物に生まれ変わっていたのかも
しれません。(^^;)

>お約束なオチですが今回も楽しませて頂きました。^^
喜んでいただけたようでなによりです。

>私もやろうかな~
RAWだと現像する際WB等、色々と弄れるのが最大のメリットだと
私は思います。多少劣悪な撮影状況になっても、
なんとかカバーしてくれますので。(^^)

2008/11/09 (Sun) 21:17 | REPLY |   

つか  

スギケンさん、三度こんばんは~☆

>ゆき「今ホッとしたでしょ。」
ゆきさん鋭すぎですw

>エステル「・・・・・はい、大丈夫です。」
これは一目で大丈夫じゃないのが丸わかりですねw
しかし、さすがにゆきさんも味見せずにロシアンルーレットは(^ω^;

>ゆき「お詫びに、今度こそ外れなしの当店自慢のパンを
>   無料で差し上げるの。」
ちゃんとフォローするのはゆきさんの良いところですよね(>ω<b
パンのミニチュア、実に良くできてますね。
食べたときの状態の物もあるようですし、
次回以降の更新がまた楽しみな要因の一つですよ。

2008/11/12 (Wed) 23:08 | EDIT | REPLY |   

スギケン  

つかさん、三度目のこんばんは~。

>ゆきさん鋭すぎですw
美術系なので、人の表情とか雰囲気を捉える洞察力に
優れているという設定です。(^^)

>これは一目で大丈夫じゃないのが丸わかりですねw
今になって思うと少しやりすぎたかな・・・とも思えます。(苦笑)
少し怖い感じになってしまったかもしれません。

>パンのミニチュア、実に良くできてますね。
結構精密に出来ていますね。
他にも沢山購入してきましたので、これからのコントで
役立てていきたいと思います。

2008/11/13 (Thu) 00:35 | REPLY |   

Leave a comment