ふわふわコートセット 

2016, 02. 28 (Sun) 01:01

公式ブログで公開している監修中の写真をみたら
ぐらつきました。
あの写真って明らかにモフモフ度が増しているよね。
モコモコが増量されてドレス全体が可愛く思えてきたんです。

梅

代わりにブーツ2ヶ所のモフモフとコートボタンのモフモフが消えているけど、
あれは監修中だからかな。
全然眼中になかったのに、ちょっとした変化で気になっちゃうもんですね……。
無自覚だったけど、もしかしたら私の中のモフモフ属性って
想像以上に高かったのかもしれない……。

なにせモフモフとパーカーには弱いんですよ。

でもうちには雪ミクがいません。
コートだけ入手しても意味がないって思いながらも、
モフモフが気になる……。(苦笑)

テンプレート 

2016, 02. 27 (Sat) 01:06

節操なく、ブログのテンプレートを変えました。

久しぶりにブログに手をつけると、弄ること自体が楽しくて
色々と試してしまいます……。(^^;)

また変えるかもしれません。
しばらくはフラフラしそうです。

tsubomi

PS3のドラゴンズドグマとか相当やりこんだのですが、
あれもキャラクリにだいぶ時間を割きました。
どうやら性格のようです。
凝り性なんでしょうね……きっと。

遅すぎたうちの子紹介14人目 セイバーさん 

2016, 02. 24 (Wed) 22:55

黄変についてかなり詳しく取り上げているブログを見つけました。
なんと化学式まで用いて解説しておられる。
その記事によると、
「材質自体の劣化」「樹脂に添加されている添加物の化学変化」
黄変の原因は大きく分けてこの2項目になるらしいです。

酸化防止剤起因のものは「暗所黄変」と呼ばれるもので、
暗いところから久しぶりに出してみたら黄ばんでいたという現象。
要因が多岐にわたるため正確なメカニズムは分かっていない。
素材に含まれている酸化防止剤が周辺環境の影響を受けることで変質し、
黄変をきたす「フェノール系黄変(BHT黄変)」によるものという解釈が基本線。

フェノール系黄変の場合、
・黄変部を塩酸蒸気に暴露する(酸性雰囲気) ⇒ 黄変部が消色する。
・上記消色部をアンモニア蒸気に暴露する(アルカリ性雰囲気) ⇒ 黄変部が復色する 。
・光照射⇒ 黄変部が消色する。
という特性がある。
したがって、たまに聞く「暗所黄変はしばらく天日に晒しておくと元に戻る」
という現象は、このフェノール系黄変による黄ばみによるもの。

※↑要約すると記事の内容はこんな感じ。

お披露目セイバーさん01

なんだってえぇ!
天日に晒しておくと元に戻る!?


紫外線に晒し続けるのはちょっと怖いけれども、少しくらいならいいかな。
そう思い、部屋の明るい場所に置いて数日のあいだ様子を見ることにしました。
変化がないようなら、また日陰に戻します。

で、そのついでに「うちの子紹介シリーズ」としてセイバーさんを取り上げることにしました。
由綺さんとくるみちゃんはコント仕立ての紹介を省いてしまったのですが、
彼女に関してはやってあげたいなぁ……と。
短いうえにしょうもないコント(人形劇?)ですが、興味のある方は続きをどうぞ。

続きを読む »

ドール用のお面が届いた 

2016, 02. 22 (Mon) 22:41

ALBA-DOLLさんに注文していたお面が届きました。(^^)
このお面。ネットで見かけて以来ずっと気になっていたんですよ。
和装のドールにとてもよく似合うんです。

ALBA-DOLL03

こまめにブログをチェックしていたら通販をやることが分かりました。
しかも数量限定制ではなく期間内はいくらでも受け付けるとのこと。
スタートダッシュが遅くて、いつも負け犬になる私も
ホクホク笑顔で注文したわけです。

続きを読む »

黄変っ子最後の一人、楓さん 

2016, 02. 19 (Fri) 01:15

私の目が節穴でなければ、黄変が目立った子は彼女で最後のはず……。

SDの場合、里帰りエステという最後の砦があるので
今のところ楓さんにスポンジやすりをかける気はないのですが、
「黄変した他の3人だけを載せて私はスルーですか、ああ、そうですか」
と思われている気がしないでもないので、この子も掲載することにしました。

楓さん_黄変10

上の写真は箱の中に同梱されていた取扱説明書。
透き通るような美白です。お美しい。
この肌が黄色に染まり果ててしまったとは……。

※ウィッグを被せていないドールヘッドと裸の写真を掲載しております。
 そうした写真に嫌悪感を抱かれる方はこの先を見ないでください。

続きを読む »

ボークスニュース Vol.67が来た 

2016, 02. 17 (Wed) 10:00

ニュースが届きました。
今回は掲載する画像を大き目にしてあります。
普段は横幅500ピクセルに揃えているのですが、
ニュースが手元に届いていない方の精神安定剤になれば、と思い、
横幅950ピクセルにしました。
ざっくり撮ったので、ピンボケしている写真も含まれていますが、
そこはご容赦くださいませ。

※すべてを網羅しているわけではありません。
 気になった記事だけを抜粋しています。


ニュース67_01

撮影前に、さらっと中身に目を通しましたが、
今回のラインナップは少し変わっているな、というのが個人的な感想です。

続きを読む »

ニア姫様の美肌を取り戻せ 

2016, 02. 16 (Tue) 00:00

引き続き、「黄変したドールをなんとかしよう」キャンペーン実施中です。
今回はニア姫様。
この子はマロンちゃんと同じくホワイト肌なので漂白剤という切り札は使えません。
(チキンなので、いまだにノーマル肌のセイバーさんも試していないけれど……)

当時の私は色移り以外のことをまったく気にしていなかったので、
ニア姫様もホワイト肌であることを考慮せず、相当アグレッシブな
愛で方をしていました。
この子は当家で唯一、海にまで連れて行ったドールです。
もうね、紫外線なんか浴びまくりですよ。
紫外線が劣化を早めるのは知っていましたが、「数時間程度なら
どうってことないだろう」くらいにしか思っていませんでしたから。

ニア姫様_海

でも、そんな扱いが却ってよかったのか(?)、平均的な黄変をしています。
セイバーさんのように斑ではありません。
蓋に二箇所ほど強い黄変模様が浮かんでいますが、ここはウィッグで隠れるので
目立ちません。目立つのは全体的な顔色の悪さだけ。

だから満遍なくスポンジやすりをかけました。
ひたすらごしごしごしごし……と。

※今回の記事には、ドールアイを外したドールヘッドに加え、
 裸のドール素体の写真も掲載しています。そうした写真に嫌悪感を抱かれる方は
 回れ右でお願いします。

続きを読む »

セイバーヘッドの造形と新作ドレス発表会 

2016, 02. 14 (Sun) 11:26

ルネ「原因が分かったニャ!」

ひらめくルネ

なんの原因だよ、って話ですがセイバーさんのことです。
セイバーさんに睨まれていると感じた理由が分かったので前回の記事に追記として書きました。
(新たな記事として取り上げるほどのボリュームはありませんし、
内容的にも同じ記事に載せた方がいいかなと思いましたので)

話は変わりますが、昨日は新作ドレスの発表会でしたね。
相変わらず足の先から頭のてっぺんまでドール沼に浸かっているので、
WEB参戦で何点か購入しました。
ドールはドールを呼ぶといいますが、洋服も呼びます。
ほとんどのイベントで一着は購入しているような……

午前11時から始まりましたが、開始当初はいつもの混雑でまったく表示されませんでした。
白ネコカチューシャの両サイズが欲しかったのですが、あっという間に入荷待ちで、
今回の人気商品に入っていたかあ……と残念な感じ。

それでも粘り続けてDDサイズのものだけはなんとか購入。
(入荷待ちになった商品でも、待っていると、たまに一瞬だけ復活することがあるのです)
他に購入したのは、ふかふか白猫さんパジャマ・ミニ、ふかふかうさぎさんパジャマ、
オーバーニーソックス・ミニの3点。
貯まっていたポイントが支払いの一部として瞬く間に消えてしまいました……。

憤る騎士王 

2016, 02. 12 (Fri) 22:55

騎士王と久しぶりに対面したとき、私は正直びびった。
眉間に皺を寄せ、彼女が物凄い形相で睨んでいたからだ。
片目がヘッドの中に落ちていたので、残っているのは左目だけだったけれども、
その眼光はすさまじいものだった。
彼女に対する引け目がそう感じさせるだけなのかもしれない。
私はそう思い込もうとした。
睨むドールに怯えるなんて非現実的な話ではないか。

しかし彼女は確実に睨んでいる。射るような目線が私を斬りつける。
抑えようのない怒りを次々にぶつけてくる騎士王を見つめ、
「申し訳ありませんでした」と頭を下げて謝罪した。

三度謝った。

記事用にウケを狙っているわけではなく、マジで謝った。
本当に怖い表情だった。

セイバーさん黄変03

お迎え以来、ずっと箱入り状態にしていた当家のセイバーさん。
先日の記事にも書いたように、ふとしたきっかけで安否確認をすることになったの
ですが、片目が落ちた状態で放置していたという状況から罪悪感が膨らみ、
本当に睨んでいるように見えました。
声に出して謝罪しましたが、これも結局のところ自分の罪悪感を和らげようとする
行為でしかないんだろうなぁ、と思うと気持ちが晴れずに虚しくなったり……。

※今回もドールアイを外したドールヘッドのみの画像を貼っています。
 そうした写真に嫌悪感を抱く方は、この先を読まない方がいいです。

続きを読む »

スポンジやすりで蘇生を試みる 

2016, 02. 10 (Wed) 00:00

先日、重度の黄変で肌の色を悪くしていたマロンちゃん。

なんとかしてあげたい。
元に戻せないとしても、これならアリかな、と思える程度には修復してあげたい。
マロンちゃんはカスタムヘッドなので、世界に一人しか存在しない子です。
私が諦めたら存在そのものがこの世から消えてしまう。
この子をお迎えしたとき、製作者も言っておられました。
同じ子を二度と作ることはできない、と。
だから私は諦めない。この子の蘇生を。

落ち込むマロン03

黄変記事の続きです。
マロンちゃんのメイクは当時の私の心を鷲づかみにしました。
そのお気に入り度合いは今になっても変わりません。
なんとか以前の輝きを取り戻してほしい。無理を承知で諦めきれない。
とはいえメイクスキル皆無な自分に塗装で誤魔化す技術はない。
マロンちゃんはホワイト肌なので、漂白剤頼みの化学変化も期待できない。
ない知恵を絞って思い至った対処法といえばスポンジやすりで削ることくらい……。
で、ひたすら削りました。

※今回の記事にはドールアイを外したドールヘッドのみの画像を貼っています。
 そうした写真を好まない方は読まない方がいいです。

続きを読む »

スギケンさん、私、ゾンビになっちゃいました 

2016, 02. 07 (Sun) 19:14

なんとなく更新を怠り、気がつけば数週間。いや数ヵ月。いや数年、というのが
放置ブログ発生のメカニズムなわけですが、私のブログもまさにそんな感じでした。

本来であれば生存報告を兼ね、一ヶ月に一度くらいは更新した方がいいのでしょう。
が、どうにも面倒くささの方が勝ってしまい、最終更新日が2012年4月8日という有様……。

そんな私が久しぶりに更新を思い立ったのは、とある出来事が原因です。
生粋のドール者であれば、タイトルを読んだだけでピン! ときたかもしれません。

びっくりニア02

そう、あれです。あの恐ろしい現象が当家にも現れたのです。

続きを読む »